2017年05月21日

帽子プロジェクト

2017年5月@マドリッド-スペイン by スミ

このところ、朝の最初のお散歩のときと夕方のお散歩のときに、ちょうどお日様の光が目に入ってきてとっても眩しいんです。それで思わず顔をしかめてたら、マミはワタシがマミの影の中を歩けるように努力してくれたんだけど、ソラっちも連れてるから、なかなかうまくいきませんでした。

そこで、マミはワタシのためにサンバイザーみたいなものをゲットしようとネットで探してくれたんだけど、小さいワンコ用の帽子はあっても、ワタシに合いそうなサイズのものはありませんでした。

となると、マミが自分で作るしかないってことで、今回の帽子プロジェクトの始まりです。

ネットで調べると作り方は簡単に見つかって、型紙なんかもあったんだけど、これもみんな小さいワンコ用です。でも、なんとかそれを利用して作ってみることにしたマミ。

IMG_0584.jpg


帽子のツバに入れるものも、ネットではボール紙とか古いレントゲン写真とか使ってたけど、ワタシのはツバが大きい分もっとしっかりしたものじゃないとダメだし、ネットでは平らなまま作ってたツバにどうしたらカーブをつけられるか考えたり、あれこれ試してはやり直したりして2日間にわたって苦労した末になんとかできあがったのがこれです。

IMG_0591.jpg


ワタシのだけだとソラっちがヤキモチを焼くかもしれないと思ったマミは、その次の日からやっぱり2日間かけてソラっちの分も作りました。でも、ワタシの分を作ってやり方がわかってたし、ソラっちのは生地の模様合わせとかしなくてすんだから縫わなきゃいけないところも少なくて、かかった時間は半分ぐらいだったみたいです。

IMG_0596.jpg


でも、せっかく作ってあげたのに、この写真を撮った後、ソラっちは頭をブンブンふって脱いじゃったんだけどね。

ってことで、かぶってる写真だとわかりにくいから、帽子だけのしゃしんもアップしますね。

IMG_0599.jpg


ちなみに、ワタシが眩しく感じちゃうのは、カタラタっていう病気のせいで、日本語だと白内障っていうみたいです。とくに、左目の方がひどいみたいで、ワタシの左側にオヤツとかが落ちると、マミが教えてくれるまで気づけなくなっちゃいました。でもね、右に落ちたときは、速攻ゲットだよ!

☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加中です。もし良かったら、下のバナーをクリックしてね!

banner.blog.with2-3.jpg

posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

パンツ大作戦

2016年6月@マドリッド-スペイン by ダイチ

最近マミはスミちゃんのためにパンツを作ってます。

いえいえ、スミちゃんはまだ大丈夫です。たまにというかわりとしょっちゅうウ◯チは家の中でしちゃうけれど、オシッコのコントロールは完璧だから、普段オムツを使わなきゃっていう状況にはなってません。

でも、この日記がアップされる7月2日土曜日から、またジャンサに行こうと計画しているパピたち。イースターの休みを使ってジャンサに行ったとき、スミちゃんが何度か車の中でウ◯チしちゃって、その上に座っちゃったりして大変だったので、もらしちゃっても大丈夫なように何かできないかと考えてるわけです。

早速シニアワンコのオムツについて調べたマミ。どうやら、ワンコ用のオムツは人間用のオムツより高いから、人間用のに尻尾を通す穴を開けて使う方が安くすむこと、でも、オムツはオシッコ対策のことしか考えられてなくて、ウ◯チをすると、シッポ用の穴から外に出ちゃうことがわかりました。

となると、オシッコは大丈夫でウ◯チがダメなスミちゃんにはオムツはあまり意味がありません。

さらに調べていくと、「虎毛の秋田犬 銀ぺいの日記」というブログにウ◯チ対策の方法が出ていました。オムツにウ◯チをキャッチするためのレジ袋を付けるんです。

車の中でウ◯チしちゃった場合、それでうまく対応できるのかイマイチ疑問に思ってるマミですが、まぁとにかく試してみようということに決めたのでした。

そうして、最初に作ったのがこれです。

IMG_9242.JPG


マミが自分のためにと昔買って一回も使わなかった生理用のパンツに尻尾用の穴を開けてみました。ところが、生地が伸びることを計算に入れずに縁をかがるためにミシンをかけたら、穴の周りがヨレヨレになった上に予定していたより穴が大きくなってしまいました。でも、別にそれでも大丈夫そうだから、気にしないことにしたみたいです。

でもこれだとレジ袋をガムテープで留めるわけにはいきません。マジックテープを付けることも考えたマミだけど、そうすると袋にもマジックテープを付けなきゃいけないし…。

そうして考えてみると、オシッコは失敗しなくても紙オムツを使った方が便利なんじゃないかという結論に達したマミ。なんたってスミちゃんはお腹周りが70センチ近くあるので、人間の大人用のパンツタイプのオムツを買ってみました。これ、おばあちゃんが使ってたのと同じで、たぶん余ってたはずだから、おばあちゃんからもらってくれば良かったんだけど…。

さて、適当にシッポを通すための穴を開けてから、スミちゃんに試着してもらいます。すると、オシッコを吸収するためのモコモコが入ってるせいで、なんだかスミちゃんのお腹の辺りがやたらともたついてます。

だったら、オシッコは大丈夫なんだから、吸収するためのモコモコはできるだけ取っちゃうことにしたマミ。綿みたいなモコモコだけじゃなくて、小さい粉状のポリマーも入っていたので、作業した机の上や床が白い粉だらけになっちゃいました。

そして、もう1回スミちゃんに試着してもらったんだけど、尻尾の穴の位置が上過ぎるみたいで、やっぱりお腹がもたもたしてます。

だったらと穴の位置を変えてもう1つ作ってみたんだけど、今度は下すぎてピッタリフィットしません。そうして3度目の正直でまあまあになった紙オムツがこれです。

IMG_9241.JPG


これにレジ袋を付けて完成なんだけど、作業しながらふとマミのメキシコ時代からの友だちで今は日本でエスティシャンをしてるモニカさんのところで使った紙パンツのことを思い出したマミ。あれがあったら、わざわざモコモコをオムツから取る必要はありません。

早速調べてみたんだけど、エステで紙パンツなんて使わないスペインにあるのはせいぜいお産をした人用の使い捨てパンツぐらいで、値段は紙オムツと一緒かむしろ高いぐらいだったので、もし今回試してみてうまくいくようだったら、とりあえずは今ある分の紙オムツを使っちゃって、次の里帰りのときに日本で紙パンツを買ってくることにしました。

もっとも、そうこうしてるうちにスミちゃんがオシッコもコントロールできなくなるようになっちゃう可能性もあるわけで、そしたら、紙パンツはいらないしね。

そんなこんなでスミちゃんにも何回も試着させて大変だったんだけど、そんな中でのベストショットをアップして今日はおしまいにします。なんだかカワイくないですか?

IMG_9217.jpg


今日も最後までおつきあいありがとうございました。

☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加しています。もし良かったら、下のバナーのクリックをお願いします。

banner.blog.with2-3.jpg
posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする