2016年07月03日

QOL

2016年6月@マドリッド-スペイン by スミ

29日の水曜日、ケンネルコフの予防接種を受けるために、ワタシは獣医さんに行きました。ひとりでお留守番できないソラちんも一緒です。

パピに車で連れて行ってもらったんだけど、車に乗る前にも、車から降りて獣医さんに行く前にもワタシが用を足せるようにちょっとお散歩したんだけど、しゃがんで、獣医さんに聴診器をあてられてるときに、ちょっとウ◯チをもらしちゃったワタシ…。

誰にも怒られなかったんだけど、ウ◯チの始末をした後、獣医さんはCalidad de la Vidaなんていう難しい話を始めました。これは英語のQOL(Quality of Life)と同じで「生活の質」っていうことなんだけど、マミによると、日本でこの言葉が使われるときは、いかにシニア犬に最期まで豊かな生活を送らせてあげるかっていう内容の話が多いのに、スペインでは飼い主にとってもペットにとっても無理をしない最期の迎え方なんていう流れで使われます。

つまりは「安楽死」のことなんです。

マミは、そもそも安楽死にはどちらかと言えば反対です。はっきり意思表示ができるわけでもないワンコの寿命を飼い主が決めてしまうのが正しいとは思えないからです。

でも最近mixiで、ワタシとお誕生日が1日違いで、去年の6月からもう1年以上寝たきりになってるベージュラブちゃんのママと知り合って、介護の様子を聞くにつけ、確かにその子みたいになっちゃったら、生きてても楽しくはないのかもしれないと思ったりもするそうです。

でも、その子もまだ生きていたいんじゃないかと思うんです。なぜって、お腹が空くとゴハンをおねだりするからです。

マミは、ワンコを一度家族に迎えたからには、結婚じゃないけれど、「その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、これを愛し、その命ある限り、真心を尽くす」べきだと思っているんだそうです。

ましてや、ワタシはまだちゃんと歩けるし、普通の生活ができてるのに、そんな話をする獣医さんのことをマミは内心怒ってます。

でも、マミは獣医さんに「スミが微笑んでくれる限り、その可能性はありません。」とだけ言いました。そして、最期の日までワタシが微笑んでいられるように頑張るってマミは決めてるんだって。

そんなマミに、ワタシのとびきりのスマイルを送ります。マミ、ほんとにいつもありがとう。これからもよろしくね!

IMG_9282.JPG


☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加中です。良かったら、下のバナーをクリックしてね!

banner.blog.with2-4.jpg
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マミの思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

かわいそうなシェパード

2015年8月@マドリッド-スペイン by ダイチ

今日は、お盆のときにお話ししたことにつながる内容です。

このマンションの2号棟に70代後半ぐらいのご夫婦が住んでいます。たまたまマミがボクたちを連れて散歩に出る時間とご夫婦が散歩に出る時間が同じ頃だったので、ボクたちがここに引っ越してきたばかりの頃から、特に奥さんの方がボクたちのことをかわいがってくれました。

そのご夫婦は以前シェパードを飼ってたのですが、年をとって病気になってしまい、最期は安楽死させなければならなかったときいて、マミはとても気の毒に思っていたのでした。

マミは、人の安楽死については、本人がそれを強く望むのであれば、反対ではありませんが、一昨日もお話ししたように、言葉が話せないワンコに関しては、かなり慎重です。

苦しんでいてかわいそうだから…というのはわかるけれど、ワンコが本当にそれを望んでいるのか…。

実際、もしスミちゃんやソラがとても重い病気になって、獣医さんに安楽死を勧められたとしても、マミはそれを選ぶことができそうにもありません。もちろん、そんなことは、そのときになってみないとわかりませんが…。

ある日、そのご夫婦といつものように立ち話をしていると、奥さんが、飼っていたシェパードのことを話しはじめました。

その子は前立腺に問題があって、オシッコのコントロールができず、家中でオシッコしまくって大変だったというのです。

確かに、シェパードの男の子に家中あちこちにオシッコされたら、掃除するのは大変だろうけど、だったらオムツをするとか、いつでもオシッコできるように庭のあるところに引っ越すとかいろいろできたんじゃないかと思ったマミ。そもそも前立腺に関する病気は去勢手術をすることで予防できたり、症状を緩和できたりすると聞きます。

オシッコのコントロールができないというだけで安楽死させられてしまったシェパードくん。マミにはそれはその子のためというより、飼い主の勝手な都合に思われてなりません。マミは会ったこともないそのシェパード君のことをとってもかわいそうに思ったのでした。

それまでは犬好きだと思っていたご夫婦に対する印象も変わってしまったのですが、スペインではかなり簡単に「安楽死」を口にすることが多いのも事実です。元気なうちはかわいがるけれど、年をとって介護が必要になると、捨ててしまったり、安楽死させたり…。

マミはボクたちが年をとればとるほど、余計に愛しいとよく言っていました。本当にワンコを心から愛してる人にとっては、長い間一緒に過ごしてきたパートナーが愛しくないわけがありません。

ボクはマミに介護をしてもらうこともなく橋を渡ってきちゃったけど、スミちゃんやソラが最期までマミに大事にされる様子を見まもり続けていきたいと思います。

R0011076.jpg


☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加しています。もし良かったら、下のバナーのクリックをお願いします。

banner.blog.with2.jpg

posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マミの思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

もしもぼくがしゃべれたら

2015年8月@マドリッド-スペイン by ダイチ

「If I Could Talk(もしもぼくがしゃべれたら)」という8分たらずのショート・ムービーがあります。

これはShawn Wellingさんというプロの写真家が、飼っているMaxというラブラドールを主人公にした短編映画なのですが、Shawnさんは人とワンコの友情を描く長編映画がを撮りたくて、そのためのお金を集めるためにこの短いバージョンを作ったようです。

ここにその映画をアップしたいところなのですが、著作権の問題もあるので、リンクだけ貼っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=NuOCeJSQCTs

映像もきれいだし、ラブラドール好きにはたまらない内容なのですが、マミは気に入らないところがあります。映画の中で、マックスは安楽死させられてしまうんです。

マミがソラをうちの子に迎えるきっかけとなったインドの動物保護団体のビデオを覚えていますか? ジステンパーで死にかけている子犬を救うところをとったビデオです。まだ見てなかったら、ぜひ見てみてください。

このビデオに出てくるパピーは瀕死の状態になっても尻尾を振って、必死で生きようとします。このビデオを見るにつけ、マミはワンコの最期を飼い主が決めてしまうことは、必ずしもいいことだとは思えないのでした。

もう治すことのできない病気になって、痛くて苦しくて泣き叫ぶワンコもいるらしいので、安楽死を選ぶことが絶対間違ってるともマミは思わないし、悩み抜いて安楽死を選んだ飼い主さんを責めるつもりはありません。

誰にも何が正しいかなんて決められません。ただ、安楽死という考え方自体、人が作り出したものだということを忘れないでほしいと思っているマミでした。

みなさんは、どう思いますか?

さて、今年はボクの新盆です。ボクも本当はもっとずっとマミたちと一緒に生きたかったけれど、天国に来ちゃったのはボクの運命だったとあきらめるしかありません。でも、せめて今日はみんなと一緒に過ごそうと思います。

IMG_5472.jpg


☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加しています。もし良かったら、下のバナーのクリックをお願いします。
banner.blog.with2-4.jpg

posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マミの思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする