2015年08月02日

ニックネーム

2015年8月@マドリッド-スペイン by スミ

ずいぶん前にダイちゃんが、ワタシたちがそれぞれピーちゃんとロバちゃんて呼ばれてたなんて話をしてましたが、ワタシたちには本当にたくさんの呼び名がありました。

まずワタシに対して、パピが一番よく使うのは「スミちん」と「ビチャラカ」です。スペインではよくペットのことを愛情をこめて「ビチョ」って言うんだけど、ワタシは女の子だからビチャで、「ラカ」はあえて言えば「ゆうこりん」とかのりんみたいな感じです。

マミは「スーミン」って呼ぶことが多いけど、「スミちゃん」って呼ばれるときは、怒られることが多いかも…。

いつも行くボアディージャの獣医さんでは「スミシータ」ってよばれてます。「シータ」は「ちゃん」と大体同じです。

ここまでは全然普通なんだけど、名前と関係ないのもいっぱいあります。

・ロバちゃん(興奮するとロバみたいにブフォブフォいうので。)
・ブタ子(なんで?)
・パタネラ(「屁たれ」っていう意味みたい。ほんとに失礼なパピ。)
・ニーニャ(スペイン語で女の子っていう意味です。)
・ネナ(カタルーニャ語で女の子です。)
・のぞみ(いつも望みを捨てずにおねだりするので。)

それで、パピたちはワタシに「エスペランサ(Esperanza)」というミドルネームをつけました。「のぞみ」からきていて「希望」っていう意味です。

R0011017_2.JPG


ダイちゃんのことは、パピは大体「ダイちゃん」か「ビチャラコ」って呼んでたんだけど、たまに「トンタイナ」って呼んで、マミにものすごくイヤがられてました。「ちょっとボーッとしたいい子」みたいな感じでパピは使ってたみたいだけど、スペイン語では「トント」は「バカ」っていう意味で、「トンタイナ」は「バカな人」だからです。じっさい、ダイちゃんはちっともトントじゃなかったし、大人しかったけど、ボーッとなんてしてなかったしね。

マミがよく使ってたのは「ニョコチ」か「ニョコス」です。これは男の子っていう意味の「ニーニョ」の「ニョ」になぜか「子」がついて、「ニョコちん」になって、さらに「ん」がとれたバージョンと、「ニョコすけ」になって「け」がとれたバージョンだったんだけど、これはこれでちょっと変だよね。

ほかには…

・ピーちゃん(興奮するとピーピーいうので。)
・ダイキチ(モニカおばちゃんがつけたあだな。)
・アトレタちゃん(アスリートっていう意味です。)
・ネン(カタルーニャ語の男の子)
ウニコルニオ(小さいときのこぶのせいです。)
・レオンシオ(昨日ダイちゃんが話してたよね。)

ダイちゃんのミドルネームはそのまま「レオンシオ(Leoncio)」とつけられました。マミはライオンが大好きだし、ライオン・ハートのダイちゃんにはピッタリだと思います。

R0011018.jpg


こんなにたくさんのニックネームをそのときによってあれこれ使ってたパピたちだけど、ワタシたちはいつも自分たちのことだってわかってました。新しいニックネームでもすぐにわかったのは、パピたちがワタシたちを呼ぶときにこもってる愛情のせいかなぁ…。

☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加中です。良かったら、バナーをクリックしてね!

banner.blog.with2.jpg

ラベル:ラブラドール
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

スミちゃんとボクの見分け方

2015年8月@マドリッド-スペイン by ダイチ

昨日の夜はブルームーンだったそうですが、みなさんは見ることができましたか? これは、マミがうちのテラスで撮った昨晩の月です。別に青くはないけど…。

IMG_5011.jpg


ブルームーンというと、マミは80年代に放送されていたシビル・シェパードとブルース・ウィリス主演の「こちらブルームーン探偵社」というテレビシリーズを思い出すそうです。

さて、いよいよ8月ですね。今日からしばらくは、スミちゃんとボクがどんな子だったのかをお話ししていこうかな…と思っています。

マミに言わせるとスミちゃんとボクの見た目は結構違うみたいんなんですが、とくにワンコを飼ったことがない人はスミちゃんとボクの見分けがつかないようでした。

まず、スミちゃんはそんなに大きくないけど、ちょっとポッチャリさんです。それに引き換え、ボクはせ背が高くて、わりとスマートです。

R0011011.jpg


それから、スミちゃんは典型的なラブラドールの顔で頭が正三角形に近いんだけど、ボクの頭は敢えて言えば二等辺三角形です。

R0010046.jpg


そして、マミたちはいつもスミちゃんは天真爛漫ないたずらっ子みたいな目つきで、ボクは無邪気でやさしそうな目つきだって言ってました。

でも、パッと見て一番わかりやすいのは尻尾かもしれません。スミちゃんの尻尾は「筆の尻尾」で、ボクのは「羽の尻尾」っていうのはマミがよく使っていた表現です。

P1000729.jpg


この羽の尻尾をもってる黒ラブをマミはボク以外にも見つけたそうです。マミが最近読み始めたブログ「ウィンキーとニコの足あと」のニコちゃんです。

ニコちゃんは顔はどちらかと言うとスミちゃんの方が似てるんだけど、後ろ姿はボクにそっくりなんだそうです。

この尻尾、毛足の長さが関係するみたいです。スミちゃんは短くて、ボクは長いんです。スミちゃんの毛はベルベットみたいな手触りでいつもツヤツヤだったんだけど、ボクはスミちゃんと比べるとちょっと硬くって、スミちゃんほどピカピカしてませんでした。

そうそう、スミちゃんは背中の毛がちょっとウネウネしてたけど、ボクはまっすぐで、首の周りの毛がちょっとタテガミみたいに立っちゃってたから、パピにレオンシオなんて呼ばれることもありました。

スミちゃんとボクのこと見分けられそうですか?

もしかしたら、ボクにはラブラドール以外の血が入ってるのかもしれません。マミにとってはそんなことどうでも良かったみたいだけど…。

☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加しています。もし良かったら、下のバナーのクリックをお願いします。

banner.blog.with2-5.jpg

ラベル:ラブラドール
posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする