2015年09月06日

意外と臆病なスミちゃん

2015年9月@マドリッド-スペイン by ダイチ

基本的にいつもポジティブで気が強いスミちゃんですが、実は結構臆病なんです。

たとえば、スミちゃんが苦手なものと言えば、雷とか花火なんですが、お散歩の途中で雷や花火の音が聞こえてきたら、すぐにまわれ右して家に帰ろうとするし、家にいるときでも一番安全そうなところに隠れます。

掃除機とかドライヤーも苦手なスミちゃん。マミが掃除機を出しただけで、できるだけマミから離れます。どうやら、スミちゃんは掃除機は生きてると思ってたみたいです。お尻からニオイがするからね。

でも、最近耳が遠くなったせいで、スミちゃんはあんまり雷の音にも反応しなくなったし、掃除機なんてこんなに近づけるようになりました。聞こえにくくなることで怖いものが減るんなら、それもそんなに悪くないかもね。

IMG_4764.jpg


それから、スミちゃんは耳掃除も苦手で、パピが耳掃除をするからソファからじゅうたんに下りなさいって言うと、ソファの上で固まって、絶対下りようとしません。

そして、パピとマミに力ずくで下ろされた後も、スミちゃんはまだ抵抗します。ボクにはムリなんだけど、スミちゃんは耳の穴を閉じることができるんです。

そんなスミちゃんはおだてにはとっても弱いです。「カワイ〜イ♡」って言われるのが大好きなスミちゃん。ボクたちは服とかほとんど持ってないし、レインコートもどうしても必要そうなときしか着せられなかったんだけど、スミちゃんはカワイイって言ってもらえるんなら、なんでも喜んで着てました。

フォトジェニックなスミちゃんだから、ボクと違っていい写真がたくさんあるんだけど、その中でも最近のマミのお気に入りをアップして今日はおしまいにします。ハーネスとペットボトルカバーの色がおそろいでカワイイですよね。実は、どっちもちょっと前までは薄汚れてたんだけどね…。

IMG_4865.JPG


☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加しています。もし良かったら、下のバナーのクリックをお願いします。

banner.blog.with2.jpg


ラベル:ラブラドール
posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

優等生のダイちゃん

2015年9月@マドリッド-スペイン by スミ

とにかく小さい頃からダイちゃんはとってもいい子でした。マミの言うことはなんでもよく聞くし、オシッコだってすぐに覚えたしね。

ノーリードでお散歩してるときに、マミに呼ばれてすぐに行くのはダイちゃん。みんなで歩いててマミかパピが遅れると、振り返ってちゃんと来てるか確認するのもダイちゃん。

おうちにパピのお友だちが小さい子を連れて遊びにきて、その子がひとりでお庭に出ちゃったときなんかに見張ってるのもダイちゃん。

ダイちゃんは空気を読むのが得意で、マミがどいてほしいなって思っただけで、何も言われなくてもちゃんとどいたし、お掃除のときなんて、マミが掃除機をダイちゃんのいるところに持って行っただけで、自分から邪魔にならないようにお隣りの部屋に移動するから、マミにいつも褒められてました。

IMG_1108.jpg


一番ビックリなのは、耳掃除のときです。ダイちゃんは小さい頃から外耳炎気味で、すぐ耳垢が溜まっちゃって、気になりだすと頭をポトポト振るから、それがパピたちにとって耳掃除をしなきゃのサインです。

ダイちゃんはいつもワタシの後なんだけど、ダイちゃんの番になると、自分からパピの前に横になるんです。耳掃除をしてもらうとスッキリするっていうのをわかってたからなのかもしれないけど、とってもワタシには真似ができません。

そんな優等生のダイちゃんだけど、ちょっと神経質なところがあって、いつもちょっと緊張してる感じでした。散歩から帰っても、いつもうつらうつらしてるだけで、何かちょっとでも音がするとすぐに起きちゃいます。

それから、ダイちゃんはレインコートはあんまり好きじゃありませんでした。アイバロのは良かったみたいだけど、ほかのはワタシと同じサイズだったからちょっとキツかったのかもしれません。

ダイちゃんは写真も苦手で、仏頂面して写ってることが多かったから、たまにいいお顔の写真が撮れるとマミは大喜び。この写真はマミのiPod touchのロック画面に使われてるダイちゃんです。

IMG_1279.jpg


☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加中です。良かったら、バナーをクリックしてね!

banner.blog.with2-5.jpg

ラベル:ラブラドール
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

お散歩のときのスミちゃん

2015年9月@マドリッド-スペイン by ダイチ

スミちゃんは人見知りだけじゃなくてワン見知りもしません。はじめて会うワンコには控えめに尻尾を振りながら近づいて行ってお尻のニオイをクンクン。たまにちょっと背中の毛が逆立ってることもあるけどね。

大体どんなワンコとでも仲良くできるんだけど、とくに気の合いそうな子は、すぐに遊びに誘います。それはハアハアしてる今でも一緒だから、マミはハラハラしちゃいます。

これはボクがまだうちの子になる前だから、スミちゃんは1才になってわりとすぐの写真です。一緒に写ってるのは、ちっちゃい頃からお世話になったラブのアレックス君と、同い年だったボクサーのモカちゃん。

アレックス君はスミちゃんよりかなり年上だったから、きっとこっち側に来てると思うけど、メキシコ人とアメリカ人のカップルの家族だったモカちゃんはどこでどうしてるんだろうね。

DSCN0475.JPG


そんな社交的なスミちゃんだけど、まだ距離があるのに吠えてくる感じの悪いワンコはもちろん嫌いです。

吠えてない子の場合は、向こうから歩いてくるときの感じでマミが判断して、仲良くできそうならあいさつさせるし、ダメそうだったり、どっちとも決められないときは、歩道のちょっと広いところで「ガジェタ(=クッキー)・チャンスしようか!」って言って、スミちゃんをおすわりさせて、スミちゃんがクッキーをもらってる間に通り抜けてもらうようにしてます。

でも、クッキーをもらう前にあいさつが始まっちゃうこともあって、そんなときは仲良くできたら、飼い主さんに確認してから相手のワンコにもクッキーをあげたりするんだけどね。

売られたケンカを買っちゃったことは2回ありました。1回目はケレタロのカレサに住んでたとき、2回目はナンシーです。どっちも相手がノーリードでボクたちのことを襲ってきたんだけど、そういうときにケンカっ早いのはスミちゃんです。結構気が強いからね。

そう言えば、よその家の前を通るとき中で吠えてる子たちにも、結構吠え返してたりしてたスミちゃんだけど、最近はスルーになりました。

スミちゃんは、お尻のニオイをしつこくしつこく嗅いでくる男の子にもいい加減にしてって結構ハッキリ文句を言います。マウントなんて絶対許しません。

でもなんだか最近、スミちゃんを狙う輩が増えてるみたいで、ボクとしては面白くありません。ボクがこっちに来てから知り合ったらしい、フライっていう名前のダルメシアンと大きな雑種のブルースだけじゃなくて、アーノルド君までなんだかスミちゃんに対して前とは違う態度を取るみたいです。スミちゃん14と1/2才をこえてモテ期?

それはともかく、散歩の途中でクンクンするのが大好きなスミちゃん。社交的だから、みんなとのお手紙のやりとりが多いのかもしれません。なんにもなさそうに見える歩道でも、鼻を地面につけるようにしてクンクンやるから、パピは「探偵スミちゃん」なんて呼んだりしてます。

そんなスミちゃんだから、ノーリードでみんなで散歩してるときも、いつまでもいつまでもクンクンしていて、マミに呼ばれてもなかなか来ません。すると、マミは「バイバイ!」って言って、ボクとさっさと歩き始めちゃってたから、スミちゃんはあわててもうダッシュでした。

IMG_1227.JPG


植え込みで遊歩道が仕切られてたり、道が2つあって、すぐ先でまた一緒になるところなんかでも、ボクはちゃんとマミの後ろをついていくのに、スミちゃんはマミの姿をチラチラチェックしながら、わざと植え込みの向こう側や違う方の道を歩いたりします。そんなときのスミちゃんの表情はほんとにクレヨンしんちゃんがいたずらするときと同じです。

最近は朝のおトイレ散歩以外はノーリードで散歩することもなくなったスミちゃん。もう遠くまでは行けないかわりに街路樹を1本ずつクンクンするもんだから、夜の散歩のときにパピにいつも急かされてます。もっとも、最近の散歩はソラのせいで、あんまりリラックスモードじゃなくなっちゃってるけどね…。

マミは、この先いつかスミちゃんが散歩に出られなくなる日が来るかもしれないから、今は好きなだけクンクンすればいいと思ってるみたいだけど、そんな日はまだまだずっと来ませんように。

☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加しています。もし良かったら、下のバナーのクリックをお願いします。

banner.blog.with2-4.jpg

ラベル:ラブラドール
posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする