2015年04月27日

マンションぐらし

2009年6月@マドリッド-スペイン by ダイチ

けっきょくボクたちは、マドリッド市の北のはずれにあるラス・タブラス(Las Tablas)というしんこうじゅうたく地にあるマンションにすむことになりました。一番上のかいだったのですが、日本でいうと6かいなんでそんなに高くはありません。でも、まわりにも高いたてものはないので、ながめはけっこうよかったです。

これが南がわのテラスからのながめです。マドリッドの北の方にある高そうビルがいがうちからは南に見えます。

R0010024.JPG


しゃしんのまん中あたりの一番上がボクたちがすんでいたところです。

SJC1.png


SJC2.png


マンションのたてものは大きかったんだけど、いくつかのブロックに分かれていて、同じエレベーターをつかうところでは6かいには家が2けんしかなかったし、北と南に大きなテラスがあったのもマミたちは気に入ったみたいです。

terrassa-2.JPG


マンションの中にわにはプールもあって、マミは夏の間、ボクたちとさんぽに行った後、およぎに行ってました。その時間はプールに来る人は2〜3人だったし、およぐ人はあんまりいなかったので、ゆっくりおよげたみたいです。プールつきのマンションなんていうとなんだかすごそうだけど、マドリッドのしんこうじゅうたく地ではめずらしくありません。

P7220028.jpg


ボクたちにとってよかったのは、大きな緑地が広がっていたことでした。ボクたちはまい日、この緑地をマミとさんぽして、いろんなワンコと友だちになりました。すぐ下のしゃしんの右おくにうつっているのが、ボクたちのすんでたマンションです。

SJC3.png


LasTablas.png


さいごにリビングルームでとったボクたちのしゃしんをお見せします。同じ日に2まいだけとってるんだけど、どうしてそれぞれがこんなにちがうしゃしんなんだろう?

P1020167.jpg


P1020169.jpg
posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おうち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

ユーロビルディング2

2009年3月@マドリッド-スペイン by スミ

ユーロビルディング2というのがワタシたちがマドリッドでさいしょにすんだアパートホテルのなまえです。ワタシたちもいっしょにすごせるところというリクエストを出して会社にさがしてもらったこのアパートホテルは、ナンシーのメゾンよりずっと大きくて、へやも広かったし、せつびもちゃんとしてました。もちろんタオルもあったしね。ここはサッカーのレアル・マドリッドのスタジアムがちかいこともあって、ゆうめいな外国人せん手もマドリッドについたばかりのころ、たいざいすることがあるそうです。

ホテルのおへやの中でワタシたちがオシッコとかしちゃわないように、ここにいるあいだ、マミはまい日6回おさんぽに出てました。朝はおきたらすぐにパピといっしょにワタシたちをホテルのすぐそばのオシッコをしても大じょうぶそうなところまでつれていきます。そのあと9時半ごろダイちゃんと長いおさんぽにいって、かえってきてからワタシと出ます。それからゆうがた、ワタシたちのごはんの前にダイちゃんとワタシをまたべつべつにつれていきます。そして、よる10じごろ、もう1回パピといっしょにさいごのおトイレさんぽです。

ナンシーのメゾンはホテルというよりはウィークリーマンションにちかかったけど、ユーロビルディングはキッチンつきのホテルというかんじで、おそうじも日よう日いがいはまい日きてたから、ワタシたちはおそうじのかかりの人たちともすっかりなかよしになりました。

でも、一人だけワンコのことがこわいオジさんがいて、ワタシたちがつかっていいホテルではたらく人たち用のエレベーターのドアのところでバッタリはちあわせちゃったことがあって、オジさんのリアクションにビックリしたワタシがワンワンほえちゃったことがありました。オジさんはものすごくおこってワタシたちのことをホテルから出ていかせようとしたみたいだけど、パピがちゃんとあやまりに行ったし、ほかのホテルの人たちがワタシたちのことをかばってくれたので、大じょうぶだったけど。

4月に入るとすぐにマミたちはおうちをさがしはじめたんだけど、なかなかこれだとおもうのにめぐりあえません。40けん目を見おわったとき、もうこれいじょう見てもおんなじだろうということで、ある1けんやにきめることにしたんです。1けんやといっても、おうちのよこのかべはつぎのいえとつながっていて、ながやみたいなかんじです。マドリッドにはこういうつくりのおうちがおおくて、カサ・アドサダといわれています。

そこのもちぬしは、はいしゃさんだったんですが、さいしょからワタシたちもいっしょにすむといっていたのに、ワンコがすきじゃなかったみたいで、けいやくするだんかいになってゴチャゴチャいいだしたので、マミたちのほうからおことわりしました。

そんなわけで、1か月ぐらいのつもりでいたこのユーロビルディング2でのくらしが3か月もつづいてしまったのでした。

Eurobuilding21.png


Eurobuilding22.png
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おうち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

先じゅうみん

2008年5月@ケレタロ-メキシコ by ダイチ

カレサにすんでたときに少しの間だけマミが女中さんをやとったことがありました。でも、その人はマミがテレフォンカードをわたしたのにれんらくもせずに来なかったり、やくそくしてない日にきゅうに来たりするし、あんまりしんようできなかったからマミはその人が家にいるあいだどこにも行けなくて、かえってふべんだったので、もうことわろうかとおもいはじめたころ、さむかったからマミがかしてあげたスウェットシャツをきたまま帰ったきり、もう二度とあらわれることはありませんでした。

そんなわけで、あたらしい家には女中さん用のはなれがあったのですが、そこはせんたくしつ&ものおきとしてつかっていました。そのはなれの土台のところに長いきれつがはいっていました。

ひっこしてすぐのある夜のこと、そのものおきに用があってマミが外に出ようとしたら、なんだか地面がまっ黒でした。イヤな予感がして外のあかりをつけたら、なんとゴキブリでたたみ2じょう分ぐらいはあったコンクリートのところがうまってたんです。

フリキージャにすんでたときも、りょこうからかえったらシャワールームにゴキブリがたくさんしんでたことがあったけど、その5ばいぐらいはいます。それに今回は生きてるんです。

マミのようすにただごとじゃないと思ったスミちゃんとボクが外に出ようとすると、マミはすぐにドアをしめて2かいでテレビを見てたパピを大声でよびました。それから二人でさっちゅうざいをもってきてゴキブリたいじがはじまりました。にげちゃったのもたくさんいたけれど、それでも100ぴきいじょうのしがいをひろったマミたちは、つぎの日、そのしょうこをもってふどうさんやさんに行って、はなれのきれつをうめるようにおねがいしました。

といっても、すぐにやってくれるわけではないので、強力なえき体のさっちゅうざいをかって、そのきれつのところにまいたら、またたくさんのゴキブリがはいでてきました。

それからなん日かして、やっとさぎょうする人が来て、きれつにコンクリートをながしこんでうめてくれたので、それからゴキブリを見かけることはなくなったんだけど、こんどはもっとあぶないものがあらわれます。

これです。ちょっとピンボケだけど。

829856766_81.jpg


小さいからそんなにコワイかんじはしないんだけど、ボクたちがさされたらたいへんなので、そのばであっししてもらいました。サソリはさっちゅうざいでころすんじゃなくて、かならずたたいてつぶさなければいけないんだって。

マミはメキシコにぜんぶで9年半すんだんだけど、サソリを見たのはぜんぶで10ぴきぐらいで、そのうちの6ぴきがこの6月だったそうです。このあと七夕には小さいサソリが出ました。子どもだったのかなぁ…? モニカおばちゃんが言ってたけど、チビのはなのあたまに3ミリぐらいのサソリがくっついてこともあったんだって。チビはぜんぜん気がついてなかったけど、おばちゃんは大あわてしたそうです。

862958721_86.jpg
posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おうち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする