2020年05月22日

引きこもり生活

2020年5月@マドリッド-スペイン by ダイチ

気がついたら3ヶ月以上もご無沙汰してしまいましたが、みなさんお元気ですか?
うちはおかげさまでみんな元気にしていますが、この3ヶ月間のこと少しお話ししますね。

3月15日
非常事態宣言が出され、スペイン全土外出禁止となりました。
出かけていいのは買物と病院だけに近いレベルで、買物も一家族一人しか行けないし、車も運転する人本人以外は乗れないことに。
犬の散歩も用を足す目的のみで自宅から300mぐらいまでの距離で10分程度に制限されてしまいました。

それまで毎日長い散歩に出るかドッグパークに連れて行ってもらっていたソラとハルカは、急な変化の意味がわかりません。

この頃はまだ寒かったので、2匹のパジャマの後ろ姿のショットを1枚。

IMG_3301.jpg


4月25日
ソラが5歳になりました。
5歳と言えば、ボクがメキシコからフランスに行った歳です。
もうすっかり大人になったソラ。でも、ストレスを感じやすい性格のせいで大人を通り越しておじいさんみたいになっちゃってるけど…。

Sora5thBD.jpg


5月1日
14歳以上の人が散歩や外で運動をするために外出できるようになりました。午前6時〜10時と午後8時〜11時の時間帯で散歩の場合は自宅から1キロ以内かつ1時間以内。同居家族の誰か一人と一緒に出ることができるようになったので、パピとマミは朝晩の2回二人一緒にソラとハルカを散歩に連れ出すことにしました。でも往復2キロの距離じゃ30分で戻ってきちゃうけれど…。

5月5日
スミちゃんの三回忌。
あれから2年が経ちました。マミは今でもスミちゃんを安楽死させたことを少し後悔しています。でも、どうするのが一番良かったのかなんて誰にもわからないし、マミがスミちゃんをとても愛していたことはみんな知ってるから。
これはマミのマックのデスクトップに使われてる写真です。

Sumi3rdAN.jpg


外出禁止になってからずっと、パピとマミは天気の良い日は上のテラスで、悪い日は下の廊下で2匹と10〜15分ぐらい遊んでいます。できるだけ弾まないようなオモチャを使ってるんだけど、ソラがキャッチミスして外へ飛び出しちゃうこともしばしば。運が良ければ下のテラスに落ちてセーフなんだけど、たいていの場合、1階のお宅の庭に落下してしまうので、2つあるオモチャの両方落ちちゃったら取りに行かせてもらっています。今までに行ったのは3回。さすがにバツが悪いので、次回お詫びに持っていけるように日持ちのするパウンドケーキを買ってあるんだけど、今のところ2つ目で持ちこたえてます。

IMG_3305.jpg


IMG_3313.jpg


IMG_3315.jpg


今週ぐらいからもう最高気温が30度ぐらいになっちゃってて、上のテラスも暑いから、特にソラはすぐに遊ばなくなっちゃうし、ハルカもキャッチしたオモチャをくわえて日陰に避難なんてことが続いてるので、いつまで続けるかわからないけれど、それより1日も早く普通に散歩に出たりドッグパークに行けるようになったりするといいのにね。

みなさんも、コロナの影響でいろいろ不自由な生活が続いてることとは思いますが、どうか元気に乗り越えましょう!
とか言って、実はマミはゲーム三昧、ビデオ三昧で引きこもり生活を楽しんでるんですけどね。

☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加しています。もし良かったら、下のバナーのクリックをお願いします。

banner.blog.with2-3.jpg
posted by ダイチ at 20:32| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

新しい家族未遂

2019年9月@マドリッド-スペイン by ダイチ

前回の記事から1か月ちょっとが経ちました。
マミのすりむき傷はもちろん完治はしているんだけど、膝と肘には目立つ痕が残っていて、すっかり消えるまでにはまだかなりかかりそうです。

さて、この1か月、週末はモンテに、平日は公園にといつものようにたくさん遊んだソラとハル。ハルの泥遊びは相変わらずとどまるところを知りません。

IMG_3054.jpg


IMG_3063.jpg


IMG_3040.jpg


IMG_3067.jpg


IMG_3070.jpg


IMG_3048.jpg


と、近況報告をしたところで、ここからが本題です。

パピは9月1日から8日までブラジル出張でした。そのパピが帰って来ることになっていた8日の朝のこと、おトイレ散歩から帰ってくると、なんとシンクにヤモリ(ハウス・ゲッコー)の赤ちゃんがいるのに気がついたマミ。

IMG_3088.jpg


拡大すると…。

IMG_3087.jpg


この赤ちゃん、前に住んでいた家でもたまに見かけたのですが、とにかく素早く隠れちゃうことが多いので、間近でゆっくり接近遭遇することは滅多にありません。

同じ子かどうかはわからないのですが、パピが出張に出る前にもダイニングの床や壁にいたことがあって、ハルが追いかけようとしたのでパピが外に逃したりしてました。

基本的には虫が主食なので、まぁ食べはしないだろうと思いつつ、りんごの芯をそばに置いてみたマミ。

IMG_3090.jpg


りんごの影に隠れるように降りてきたのですが、やはり食べませんでした。

IMG_3091.jpg


可愛いのでそっとしておいてあげたかったのですが、シンクにいると水が使えないので、犬のおやつが入っていた大きなプラスチック容器で捕まえたマミ。すると、死を覚悟したのか目を閉じて眠ってしまいました。

IMG_3093.jpg


小さい黒い容器に少し水を入れて底に置き、ハルに見つからないような暗い場所に移しておいたところ、フタはしてなかったのに逃げる様子もなく、しばらくすると水の容器の中に移動してまったりしてたゲッコ君。

マミはそのまま飼ってみたかったので、餌は何をあげたらいいかなんてことをネットで調べたりしたのですが、出張から戻ったパピは可哀想だからと逃すことを主張します。これが、普段だったら、なんとかパピを説得したかもしれないけれど、実はマミは14日の土曜日から1か月ちょっとの間、日本に行くことになっているので、自分が世話をできないのにどうしても飼うとは言えません。

ということで、外が暗くなってからテラスに黒い容器を出したマミ。それでもしばらくはそこにいたのですが、朝になったらやっぱりいなくなってました。パピは狩りに出たんだなんてのんきなこと言ってたけれど、マミは鳥に食べられたんじゃないかと気になってます。姿を見かけなくなってから3日。どこかで元気に生きてくれてるといいけど…。

☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加しています。もし良かったら、下のバナーのクリックをお願いします。

banner.blog.with2-4.jpg


posted by ダイチ at 05:42| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

それぞれの夏

2019年7月@マドリッド-スペイン by スミ


暑中お見舞い申し上げます。

暑中見舞い.jpg


なんと、前回の投稿からあっという間に1か月以上過ぎちゃって、7月も終わろうとしています。今年のマドリッドの夏は40度越えの日は少ないし、なにせ湿度が低いので、少し長めの散歩に出る午前中はメチャクチャ暑いというほどではないんだけど、ソラちんは大して歩かないうちからお家に帰りたがるのに対して、ハルはとにかく友だちワンコに会えることを期待してズンズン進んで行こうとするからマミは大変。

そんなハルカの最近のマイブームと言えば泥遊び。ドッグパークに連れて行くたびにやらかしてくれます。

IMG_2946.jpg


もちろんマミはずっと見張ってるんだけど、いつもちょっとした隙をついて泥水だらけの穴を見つけてはバチャバチャ。

IMG_2952.jpg


IMG_2962.jpg


IMG_2977.jpg


こうなることはわかっているので、マミはあんまりドッグパークには近寄らないようにしているんだけど、この時期みんなバケーションに出ちゃったりしてることもあって、なかなか友だちと走り回るチャンスがないので、週に1度だけドッグパークの脇を通る散歩コースを通って、中に友だちワンコがいたときだけ遊ばせてやっています。

最初のうちはマジで叱ったりしてたマミだけど、この頃はもうあきらめモード。バスタブで洗おうとすると泣き叫びながらジタバタ暴れまわるのに、上のテラスで散水ホースで洗うのには抵抗しないので、まぁいいかって思ってるみたいです。

一方ソラちんはと言うと、ハルの予防注射の日だった5月22日の朝いきなりPをして、すぐに治るかと思ったのに去年の夏と一緒でちっとも治らないなんていう状況の中、右足の肉球をケガしたかと思ったら、数日後にはやたらと左足を舐め始めたからチェックしてみるとなんだか腫れてたので獣医さんへ。

何が原因なのかわからず、舐めないようにかゆみを抑えるための高い薬を飲まされたれど特に効果がないままいろんな軟膏を試していたある日のこと、公園の芝生で寝そべっていたソラちんが股の辺りを舐めようとしたので何気なく見てみると、お腹の毛が薄い辺りにブツブツがいくつか出ていたばかりか、かつて玉があった辺りは舐めまくったらしく赤剥けてひどい状態になっていたので、その場で獣医さんに電話して、その足で連れて行ったマミ。

軽い膿皮症になってしまっていたらしく、抗炎症剤と抗生物質の注射を打たれてまた翌日連れてくるように言われ、もう絶対舐めないようにエリザベスカラーを使うことを決めたマミ。ところが、物置のロッカーの中にしまってあったソラちんのエリザベスカラーはすっかり変形してしまってました。

IMG_2968.jpg


おまけに、ソラちんは体の柔軟性が高いこともあり、そのエリザベスカラーではつけたまま舐めることができちゃったので、クアックを登場させることに。

IMG_2971.jpg


翌日は副腎皮質ホルモンと抗生物質の注射。そして薬用シャンプーで全身を洗い、翌日からは抗生物質の錠剤を飲ませるように指示されたパピたち。クアックをつけるとあまりにも悲しそうな顔をするし、留守番させている間につけさせていると危ないかもしれないので、何年も前に私がほんの短い間使った大きなエリザベスカラーを使うことになりました。

IMG_2981.jpg


写真だと最初のやつの方が大きそうに見えるけど、ソラちんの頭の大きさと比べてみてください。特に夜ナメナメしちゃうことが多かったので、つけたまま寝かされたソラちん。ちょっとかわいそうだったけれど、その甲斐もあったのと、お薬が効いたみたいで、膿皮症のブツブツはすっかり無くなったし、左足の腫れもほとんどわからなくなりました。

おまけに、2か月間緩かったお腹の調子も良くなって、それまではドライフードにおかゆを混ぜてあげてたんだけど、やっとドライフードだけで大丈夫になりました。たまたま同じタイミングでドライフードも今年の初めから食べさせていたプレミアムフードから元々食べていた少しランクが下のフードに戻したんだけど、パピはそれが良かったんだと信じているようです。どうやら、ソラちんにはグレインフリーじゃない方が良さそう。それに元々のフードは私が長いこと食べてたやつなんだけど、脂肪分が他のライトタイプに比べてもかなり少ないんです。

それにしても、ダイちゃんもよくお腹を壊してたけど、ソラちんみたいに長引くことはなかったよ。このままいいウンが続きますように。
みなさんも、冷たいものの取りすぎでお腹を壊したりしないようにね!

IMG_2886.jpg



☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加中です。もし良かったら、下のバナーをクリックしてね!

banner.blog.with2.jpg

posted by スミ at 07:24| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする