2015年03月22日

カフェテリア初体験

2007年5月@ナンシー-フランス by ダイチ

新しい家に引っ越してやれやれと思ったのもつかの間、パピとマミはメキシコから来たフランス人のジルさんと3人でオランダに行ってしまいます。ボクたちは、そう、4月に下見に行ったベルヴィルのペンションでお留守番でした。

これはマミたちがオランダで撮ったモンちゃん、ノンちゃんの写真です。撮るときものすごく恥ずかしかったんだって。ボクたちはお留守番だったのに、モンちゃんとノンちゃんは連れて行ったなんてちょっとズルいけど…。

P1000652.JPG


オランダから戻ったパピたちは、とってもよく晴れた次の週の土曜日にまたボクたちをドライブにつれて行ってくれました。目的地はボージュ山脈のふもとにあるジェラルメール湖(Lac de Gérardmer)です。

今回も目的地に着いたのはお昼ごはんの時間だったのですが、アルエ事件の後だったので、マミたちはボクたちを車に残してランチをゆっくりレストランで食べるのはどうも気が進みません。じゃあ、スーパーでサンドイッチと飲み物を買って、どこか木陰で食べようということになってスーパーに入ったのですが、中はちょうどいいぐらいにクーラーが入っててものすごく快適だし、入り口のすぐそばにはあまり人が入っていないカフェテリアもあります。

ワンコに親切なフランスだから、もしかしたらボクたちも一緒にカフェテリアに入れるんじゃないかと思ったマミは、気のりのしないパピをなんとか説得して、スーパーの人に確認したところ、オッケーということだったので、さっそくランチメニューを頼んで、あそこなら人のじゃまにならないと目をつけていたテーブルに向かおうとすると、さっきまで誰もいなかったすぐ隣りのテーブルに人が座っています。それも大人数のグループみたいです。

しかたないのでその人に「ワンコ連れなんだけど、いいですか?」というと、ものすごくイヤな顔をされてしまったんだけど、カフェテリア自体は空いていたので、スーパーの人もパピたちの味方になってくれて、そのグループを少し離れた席に移動させることに成功したパピたちですが、また席を取られてしまうと困るので、マミはそこで席取りをして、パピが車までボクたちを迎えに来ました。

ボクたちは、スーパーの建物の中に入るのもカフェテリアに入るのも、もちろん初めてなので、ついついキョロキョロしちゃいます。マミがイスの足にリードを結んで、ボクたちにはフセをするように言うんだけど、なかなかじっとしてられません。

それでも、なんとかマミたちはごはんを食べ終わります。さいしょはイヤイヤだったパピも、ボクたちを暑い車に残したり、あんまり美味しくないサンドイッチを食べるよりは良かったみたいで、スーパーの人にお礼を言って、カフェテリアを後にしたのでした。

これは、マミがキャッシャーにお金を払いに行ってる時のボクたちを撮った写真です。マミが戻ってくるまでずっとマミのことを見てたそうです。

P1000657.JPG


この後、ボクたちは湖に向かって、湖の周りを一周する5キロのハイキングコースを歩きます。トリップアドバイザーから借りてきた湖の写真と、歩き終わって休んでるところの写真をアップします。

Lac de Gerardmer.png


P1000660.JPG


カフェテリアの初体験やハイキングですっかり疲れたボクたちが家に帰ったら爆睡したのは言うまでもありません。実は昨日スミちゃんが載せてたソファーベッドを占領するボクたちの写真は、この日のものなんですよ。
posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

イリュージョニスト

2007年4月@ナンシー-フランス by ダイチ

次の週の日曜日はベルヴィル(Belleville)という町に行きました。パピは5月にオランダで開かれる学会に出ることが決まっていて、マミもそれについて行くことになっていたので、ボクたちを預けるペンションを探していたんだけど、インターネットで出てきた内の1つがこのベルヴィルにあって下見をしに行こうということになったんです。

ベルヴィルに着いてみると、なんとその日はブロカンテが開かれていました。ブロカンテというのはのみの市のことです。マミはガラクタを見るのはあんまり好きじゃないんだけど、古いコインを集めているパピはのみの市と聞くとウズウズしちゃいます。

まず、ボクたちはペンションの前まで行って車から下りてその辺りをちょっとお散歩しました。ペンションも日曜日は閉まっているので、外から見るだけで中に入ることはできません。でも、なかなか広そうだし、きれいそうだったので、5月はそこを使ってみることになりました。

PensionBV.png


ペンションは町のはずれにあったので、ボクたちはまた車にのって、ブロカンテをやっている町の中心の方に移動しました。でも、ブロカンテは人がたくさん来るので、ボクたちは車の中で待ちぼうけです。一体どのくらい待たされるのかと思ってたら、意外とすぐにパピたちは戻ってきました。あんまり大したものはなかったそうです。

ブロカンテの会場から車に戻ってくる間の道でマミたちはまた日本人と出会います。たまたますぐ近くを通ったときにお母さんが子どもに「大丈夫!」と言っているのが聞こえてきて、それをきっかけに立ち話をしたそうです。

そうこうしている内にお昼ごはんの時間になりました。最初パピたちはベルヴィルのレストランでごはんを食べようと思ったのですが、ブロカンテのせいでどこも人がいっぱいなので、どこかよそに行こうということになり、ナンシーとは逆の方向の北に向かって車を走らせました。

ベルヴィルから11キロぐらい離れたポンタ・ムッソン(Pont à Mousson)という町に入るとすぐに公園があるのが見えました。ここでサンドイッチでも買ってきて食べようと公園の前の駐車場に車を駐めると、なんとさっき会った日本人のお母さんとその家族がやっぱり車から降りてきたところでした。

じゃあ、一緒にごはんを食べましょうということになって、マミたちは急いでサンドイッチを買いに行き、その家族がお弁当を広げているところにジョインしました。ボクたちはと言うと、子どもたちも小さかったし、食べてるところでしつこくおねだりをしてしまうといけないので、少し離れたところにある木に繋がれてしまいます。

マミはそのお母さんと、パピはフランス人のお父さんとおしゃべりをしながら楽しくごはんを食べていたのですが、ふと振り返るとなんとそこにはボクが。スミちゃんも、ボクのリードとハーネスも木につながれたままなのに、なぜかボクだけすぐそこにいたんです。これにはパピもマミもビックリでした。ボクもどうしてハーネスから抜け出すことができたのか自分でもわかりません。そのときは結局また繋がれちゃったんだけど、あんな技ができたのは後にも先にもあの時だけでした。

それにしても、抜け出したのが食いしん坊のスミちゃんじゃなくて良かったね。スミちゃんだったら、お弁当にまっしぐらだったと思います。

ごはんを食べた後、ボクたちは南へ、その家ぞくは北へとわかれます。かれらはナンシーから北に56キロ行ったところにあるメッス(Metz)という町に住んでいたんです。ボクたちのことも気に入ってくれて、いつかみんなで遊びに来てくださいねと言ってくれたんだけど、それが果たされることはありませんでした。

この日の写真はないので、今日は前回のゴンベルボー城のにわで撮ったものをアップします。ボクがあのころどんなハーネスをつけてたか見てください。

P1000626.JPG

posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

ヌフシャトーへのドライブ

2007年4月@ナンシー-フランス by スミ

イースターマンデーの祝日だった4月9日月曜日、ワタシたちはケンも誘ってドライブに出かけます。目指したのはお城がありそうな名前だからっていう理由で決めたヌフシャトー(Neufchȃteau=新しいお城)という町です。

高速道路から国道に入って周りの景色を見ながら進むと、道にちょっとした観光スポットの案内標識が出ていたので、まずヴォークレール(Vaucouleurs)という町の教会に寄ってみることにしました。

10997704_10205226233827713_452525673068858424_n.jpg


11025153_10205226233867714_5256167718104823401_n.jpg


そして、教会のお庭で見つめあうケンとワタシ♡

P1000625.JPG


ヴォークレールを後にして、南にしばらく進むと左側にお城っぽいたてものが見えました。近づいてみるとなんとそこは「シャトー・ドゥ・モンブラ(Chȃteau de Montbras)」というお城を改装したホテルでした。周りには何もないんだけどとてもステキなところだったので、良かったらここをクリックしてホームページを見てみてください。フランス語だけど…。

10922855_10205226234947741_5140713525015852243_n.jpg


その次に立ち寄ったのはジャンヌ・ダルクの生まれたお家でした。さっきの教会もだけど、この辺りにはジャンヌ・ダルクに関係があるスポットがたくさんあるようです。

10429489_10205226235907765_5461014498601336271_n.jpg


さらに南に進んでようやくヌフシャトーにたどり着いたのですが、残念ながらヌフシャトーにはお城はありませんでした。でも、マミたちはレストランで美味しいお昼ごはんを食べられたみたい。

帰りは来た道を北へ戻るんですが、せっかくなので、来るときに標識を見かけたボア・シェニュ大聖堂(Basilique Du Bois Chenu)に行ってみることにしました。ここも周りには何もないのに、かなり立派な大聖堂です。

11021175_10205226235947766_6955488837112788886_n.jpg


最後にマミたちはとうとうお城を訪ねます。「Chȃteau」とだけ書かれた標識に従って小さな道に入ってたどり着いたのがゴンベルヴォー城(Chȃteau de Gombervaux)でした。でも、お城とは名前ばかりですごく小さかったし、前から見ればまだましだったけど、裏側はご覧の通りです。

P1000630.JPG


P1000629.JPG


ゴンベルボー城以外の建物の写真は全部ケンが撮ったものです。うちにあるのは一番しょぼいところの写真だけっていうのはなぜ?
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする