2015年04月10日

サルグミーヌ

2007年10月@ナンシー-フランス by スミ

あっという間に季節は秋になりました。ワタシたちがナンシーに来てからもう半年です。ドライブにもいっぱい連れて行ってもらったし、旅行も2回したし、バルセロナにも行ったし、かなり充実してるヨーロッパ暮らしです。

バルセロナから戻った次の次の日曜日、ワタシたちはサルグミーヌ(Sarreguemines)という町までドライブしてきました。このサルグミーヌ、いつも高速道路にのるロータリーのところに標識があって、 そこを通るたびにマミはすごく気になってたんだって。

これがその気になってた標識です。グーグルのストリートビューから借りてきました。

Signpost.png


高速道路は使わずに国道を進みます。トラムの終点をすぎると、すぐにフランスの田舎の風景が広がります。地図で調べてみると、ドイツとの国境のすぐそばだったので、国境をこえてザールブリュッケン(Saarbrücken)という町まで行ければいいな…と思ってたみたいだけど、お家を出たのが遅かったので、サルグミーヌどまりでした。

サルグミーヌは本当は陶器作りが盛んらしいんだけど、町の方には行かずに川沿いの遊歩道をお散歩しました。マミたちはレストランでアルザス料理を食べたみたいだけど、ワタシたちは車の中でまた待ちぼうけです。もう過ごしやすい季節だったから、マミたちもワタシたちもその方がゆっくりできると思ったみたいです。それに、そのレストランにはテラスがなかったしね。

残念ながら、このドライブのときのワタシたちの写真はないので、rendezvousfrance.comから借りてきたサルグミーヌの写真と、マミたちがいったLa Bonne Sourceというレストランのホームページから借りてきた写真をアップします。

Sarreguemines.png


LaBonneSource.png
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

メッス

2007年6月@ナンシー-フランス by スミ

次の日曜日もまたドライブです。お天気がいい日曜日は本当によく出かけてました。

まず最初に行ったのは、「ロレーヌ(Lorraine)」というTGVの新しい駅です。ナンシー駅からバスが出ていてここまで30分ちょっとで着くそうです。そしてここからTGVに乗るとパリのシャルルドゴール空港まで1時間20分で着いちゃうんです。それにしても、噂には聞いていたけど、本当に周りには何もなくてビックリでした。どんな感じかグーグルアースとマップの写真でお見せします。

GareTGV1.png


GareTGV2.png


駅の場所を確認したあと、ワタシたちはさらに北のメッス(Metz)に向かいます。メッスの町に入ってから、どこで高速道路から下りようかとパピが迷いながら車を走らせていると、貯水池のほとりになぜか鳥居があるのが見えました。ワタシたちとお散歩するにもちょうどいい感じだったので、パピたちはそこに行ってみることにしました。

町の中心を抜けていくと、さっきの池につながる川に行き当たりました。ちょうどカヤックの大会が開かれていて、人がたくさんいてとってもにぎやかでした。

車を駐めてさっきの鳥居まで行ってみたのですが、どうしてそこに鳥居があるのかどこにも何も書いてありません。でも、とりあえず写真を1枚。

470670306_71.jpg


さらに池のほとりを進んでいくと、今度バレーボール大会をやってました。その隅っこでバーベキューみたいな煙りが立ちのぼっていたので近づいてみるとホットドッグを作って売っていたので、その日のランチはそれですませることにしたマミたち。木陰のベンチに座って食べ始めたので、もちろんワタシはおねだり攻撃です。ダイちゃんと二人でマミのソーセージの半分ぐらいはもらっちゃったかも。エヘヘ。

470670306_51.jpg


池の周りを一周した後、ワタシたちはいったん車に戻ってお水を飲んで、今度は町の中心の方に行きました。マミたちのお目当てはカテドラルだったのですが、ワタシたちも一緒だったのでまずパピが中に入ります。そこまでずっと日陰を歩いてきたんだけど、お天気が良かったのでワタシたちにはかなり暑くって、マミが涼しそうなドームの下に連れて行ってくれた途端ワタシは床にペッタリ寝そべっちゃったんだって。

そうして待っていると、しばらくしてパピがカテドラルから出てきました。マミがどうだったか聞くと、外から想像するほど大したことないとパピが言ったので、面倒臭くなっちゃったマミは中に入るのはやめて、すぐそばにあったブラッセリーのテラス席でビールを飲むことにしました。

ビールを飲みながら、マミはそういえばと思い出して、前にダイちゃんがハーネス抜けをやってみせたポンタムッソンで一緒にお昼を食べた、お母さんが日本人の家族のお家に電話してみたんですが、日曜日の午後のこと、お出かけしてたみたいでした。

でも、そのときブラッセリーに向かって歩いてきたのは、その頃マミが行っていたフランス語のクラスで一緒のイタリア人のお友だちです。お仕事の都合でクラスにはしばらく来れないって言ってたのに、こんなところで会っちゃうなんてすごい偶然でした。

これがマミが入らなかったカテドラルの写真です。ウィキメディアコモンズにあったPaolo Picciatiさんの作品をお借りしてきました。

MetzCathedral.JPG
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

レストラン「ル・ベルクール」

2007年6月@ナンシー-フランス by ダイチ

次にボクたちが車で遠くに出かけたのは6月10日の日曜日でした。その日はパピの大好きなコレクターズアイテムフェアがナンシーから100キロ近く南に行ったルミルモン(Remiremont)という町で開かれていたんです。

でも、残念ながらパピが期待していたコインはあんまりなかったし、あるのは高かったから、パピは何も買わなかったんだけど、マミがオベリックス(Obélix)のキーホルダーを買いました。オベリックスというのは、日本ではあんまり知られてないみたいだけど、ヨーロッパでは大人気の「アステリックス(Astérix)」というフランスのコミックに出てくる主人公アステリックスの親友で、イデフィックス(Idéfix)というワンコを飼っています。パピはこのコミックの大ファンで、とくにオベリックスがお気に入りです。パピになんだか似てるしね。

IMG_4343.jpg


さて、フェアの会場を出てお昼ごはんを食べようとしたパピたちでしたが、開いているのはブラッセリーが1軒だけでした。その日は曇りがちで雨も降ったりしていてあんまり暑くはなかったんだけど、ブラッセリーはものすごく混んでいたので、食べ終わるまでにものすごく時間がかかりそうです。

だったら、ナンシー方向に20キロちょっと戻ったエピナール(Épinal)で食べようかということになって高速道路を走っていると、途中でなかなか良さそうなレストランがあるのが見えたので、とにかくチェックしてみようということになりました。

Le Belcour.png


木陰に車を駐めてレストランに行って、出て来たレストランのご主人らしい人に「車の中に犬を残して来ていて気になるのでテラス席でも良いですか?」と聞くと、「もし良かったら,犬も連れて来ていいよ。」と言われたので、嬉しいことにボクたちも一緒にテラスの席につくことができました。そして、そのご主人のお家にもボクたちと同じラブラドールがいるそうで、ボクたちのためにお水も持ってきてくれました。

テラスにはほかのお客さんもいなかったし、ボクたちもレストランみたいなところに来るのは2回目だったので、前回よりずっといい子にできて、みんなでランチを楽しみました。フランスはパンも美味しいしね!

P1000667.JPG


Daichi_restaurant.jpg


実は、フランスではほとんどのレストランにワンコも一緒に入れます。でも、マミたちがそれまでにレストランで見かけたよそのワンコは本当にとっても大人しくて、どんなに混んでいても、ほかのワンコがいてもテーブルの下で動かないで静かにしてたそうです。

自分で言うのもなんだけど、ボクはわりとお行儀がいい方で、しつこくおねだりして怒られるのはいつもスミちゃんです。でも、ほかのワンコが来たら、大人しくしてられるかは正直なところ自信がありません。
posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする