2015年08月03日

スルーできない出会い

2015年8月@マドリッド-スペイン by ダイチ

スミちゃんが一生をおえるまであたらしい子をむかえるのはやめておこうと思っていたマミでしたが、どうしてもスルーできない出会いがありました。

その子はこんなふうに11ぴきのきょうだいといっしょにすてられていたのですが、うんよくマミがいつもフォローしてるワンコをほごしているかぞくのもとにたどりつくことができます。

6_24.jpg


このしゃしんがfacebookにアップされたのは6月24日だったのですが、このじてんではマミは、それほど気にしていませんでした。パピーはひかくてきかんたんにひきとり手が見つかるからです。

マミが目をとめたのは、7月18日にアップされたこのしゃしんです。マミは一目見て、ボクとよく似てると思ったそうです。

7_13_1.jpg


IMG_1361.jpg


それでも、この子にきょうみがありそうな人がほかにもいたので、だったら、それでいいと思っていたマミでした。

ところがせんしゅうの月よう日7月27日にまたこの子のべつのしゃしんがアップされます。

7_27.jpg


そして、金よう日にマミは、インドのAnimal Aidというほごだんたいのこのビデオを見ます。



インドの子とはぜんぜんじょうきょうはちがうけれど、いつまでもひきとり手がないまま大きくなっていくのをふびんに思ったマミは、土よう日にブラジルからもどってきたパピに、ほごしている家ぞくにこの子についてでんわでいくつかのしつもんをするようにたのみます。

まず、いちばんだいじなのは、この子のせいかくのこと。あんまりかっぱつな子だと、スミちゃんにストレスをあたえてしまいそうだからです。

その家ぞくによると、この子はパピーにしてはものすごく大人しくて、ほかの犬ともまったくもんだいないということだったので、さっそくきのうの日よう日、パピたちはスミちゃんをつれてこの子に会いに行ってみることにしたのでした。

じっさいに会ってみると、この子はパピたちがそうぞうしていたいじょうに大人しかったし、マミにもすぐなついてマミのそばでねてしまいます。

IMG_5047.jpg


目つきもそっくり、やせっぽちなのもボクの小さかったころにそっくり、しっぽもそっくり、おまけにちょっと前までジアルディアというきせい虫にやられていたことまでボクとおなじで、マミはだんだん感きわまってきて、泣いてしまいました。

ということで、すっかりこの子にうんめいを感じてしまったマミ。あさっての火よう日まではおためしきかんということで、家につれてかえることになりました。

家のげんかんを入るとすぐに、マミはこの子のしっぽの先がぬれてることに気がつきます。あれって思ったら、マミのショートパンツがオシッコでぬれてました。そのあと、リビングでちょっとポタポタたらしたと思ったら、テラスまであと1メートルぐらいのところでジャー。よっぽどガマンしてたんだね。

今のところスミちゃんとはつかずはなれずといった感じなんですが、よっぽどのことがなければ、うちの子になることできまりかな。

IMG_5065.jpg


マミは、ほんとうはつぎにむかえる子については、ボクたちとおなじぐらいの大きさだったら女の子1ぴきだけ、小さめの子だったら男の子と女の子のペアなんてかんがえていたのですが、人生わからないものです。

ちなみにこの子はラブラドールとワイマラナーのミックスと言われたのですが、きょうだいにいろんな色の子がいることや、あたまのかたちからかんがえて、マミはラブラドールとついさいきんこのブログにも出てきたガルゴ(スパニッシュ・グレイハウンド)のミックスじゃないかと思っています。だとしたら、すごく背が高くなるかも!

さっそくマミのストーカーをしてるこの子、はやくなまえをきめてあげないとならないんだけど、すでにパピといけんがあわなくてこまってるマミでした。

☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングにさんかしています。もしよかったら、下のバナーのクリックをおねがいします。

banner.blog.with2.jpg

posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おいたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

ブラックアウト

2015年1月@マドリッド-スペイン by ダイチ

1月10日、土よう日のあけがた、ボクはなんだかおちつかない気分で目がさめました。ボクもスミちゃんもいつものようにパピたちのベッドルームでねてたんだけど、よなかにかいだんからおちたりしないように、ベッドルームのドアはしまっています。

ボクはじっとしてられなくて、パピたちのベッドルームの中でウロウロあるきまわったので、パピもマミもおこしてしまいました。もしかしたらおなかがすいてるのかもしれないとおもったマミは、下のキッチンに行くためにかいだんをおりはじめて、まだかいだんのいちばん上にいたボクをよびます。

いっしょにキッチンに行くと、マミはボクにクッキーを1つくれたので、ボクはしっぽをふってマミにありがとうとつたえました。

その日はおばあちゃんがバルセロナに帰る日で、パピはAVE(スペインのしんかんせん)でおばあちゃんをバルセロナまでおくっていくことになっていたのですが、まだ6じ、おきだすにはすこしはやすぎます。

マミは「ダイちゃん、マミ、もうちょっとだけねてくるね。」といって2かいに上がって行きました。というのも、まえの家にすんでいたころ、ボクがあけがたにかってに下におりて、ひとりでソファーでねるっていうのはよくあったんです。

ボクはリビングのソファーには行かず、コンピューターべやでねることにしました。ねむってしばらくするとあのブラックアウトがやってきました。あれがくるとボクはなにもおぼえてないんです。

でも、このときはいままでとはちがいました。気がついたら、ボクはもうボクのからだからはなれてしまっていたんです。いくらもどろうとしてももどれません。

そうこうしているうちにパピがおばあちゃんをおこすために下におりてきました。おばあちゃんがねているのはすぐとなりのへやだったんです。でも、ただならぬしずけさをなんとなくおかしいとかんじたパピは、なにげなくコンピューターべやをのぞいてボクのうごかないからだを見つけます。

パピはあわててボクをゆすったり、しんぞうをマッサージしてみたりしたのですが、ボクのからだははんのうしません。大ごえでマミをよんだパピですが、そのころきがえていたマミは、またボクがほっさをおこしたのかな…と思っただけで、ことのじゅう大さにまったく気がついていませんでした。

いそいでおりてきたマミはボクのからだを一目見ていっしゅんぜっくします。それから「ウソ、ウソ、こんなのウソにきまってる。ダイちゃん、おきて! はやく、おきなさい!」となきながら、パピとおなじようにまだぬくもりののこるからだをゆすったり、マッサージしたり、いきをふきこんだりしようとしました。

でも、ボクはやっぱりボクのからだの中にはもどれなかったんです。
posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おいたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

2番目の子

2002年7月@ケレタロ-メキシコ by ダイチ

ボクは自分で言うのもなんですが、小さいころとってもいい子だったそうです。スミちゃんとちがって、マミの言うこともよく聞いたし、大人しくてすなおだったみたいです。

オシッコもマミたちのおうちに来たばかりのころ朝までがまんできなくてマミたちのバスルームでしちゃったのと、おるすばんの時にリビングでしちゃったのいがいは、スミちゃんのマネをしていつもお外できちんとできたので、マミはボクにちゃんと教えたおぼえがないらしいです。

そんなこともあって、マミに言わせると、気がついたらボクはもう大きくなってたんだそうです。2番目の子にはよくあることみたいですが、スミちゃんにくらべると、ボクの小さいころのしゃしんはとっても少ないんです。前回お見せした6月のしゃしんのつぎは9月です。ヒドくないですか?

7月にはスミちゃんといっしょにパルケ2000でしつけ教室にさんかしたし、8月にはマミたちがりょこうに行ったので、ペンションデビューもしたのに、そんなしゃしんは1まいもありません。

おまけに9月のしゃしんもシャンプーしてもらってガレージでかわかしてるところなんていうさえないしゃしんです。でも、あいかわらずウニコルニオなのと、まつ毛が長いのはわかってもらえるかな…?

DSCN0927.JPG
posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おいたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする