2017年11月30日

ベッドで寝ちゃダメ!

2017年11月@マドリッド-スペイン by スミ

このところワタシが主役のことが多いから、今日はソラちんの話をします。

今月のはじめぐらいから、ちょっと寒くなってきたせいか、ソラちんは夜マミのベッドに上がるようになりました。10年前フランスのナンシーに住んでた頃、ワタシもやったから気持ちはよくわかります。でも、ワタシは夜中にマミの足元にそっと乗ってたのに、ソラちんはマミがベッドに来る前にちゃっかり枕を占領してるんです。こんな感じです。

IMG_0882.jpg


もちろんマミはソラちんを枕からどかしてベッドの右側に移すんだけど、寝てる間にどんどん詰めてきて、マミは壁際に追いやられちゃいます。おまけに下手するとソラちんが布団の上にどっかり寝てるから、布団が動かせなくてはみ出しちゃうことも…。

そんなわけで、マミは寒い思いはするし、ソラちんが動くせいで目は覚めちゃうし、朝起きると体が痛いしでさんざんなんだけど、ソラちんが先にベッドを温めてくれるのは、まるで豊臣秀吉みたいだって思ってたらしいです。

そんなある日、マミは枕元に針金みたいなものがあるのを見つけます。なんだろうと思いながら、その日はそのまま忘れてしまったマミ。ところが、次の日には玄関で同じような針金にプラスチックのかけらが付いたものが落ちてるのを見つけて、ソラちんの仕業なのが発覚。

お仕事から戻ったパピに、ソラちんが洗濯バサミを齧ったらしいと見せると、パピはそれが洗濯バサミなんかじゃなくて、布団カバーを固定するために付けてるパチットタイプの安全ピンなのを見抜きます。チェックしてみると、確かに3つ足りません。2つはピンの部分は見つけたけど、あとの1つはどこ? ソラちんが飲み込んでないことを祈るばかりです。

その日からベッドに上がるのは禁止になったソラちんでしたが、マミが寝てから上がってきたりするのは、いちいち起きてどかすのが面倒なこともあって大目に見てたマミ。

そんなある日のこと、マミがお風呂から出て、パジャマを着ようとすると、なぜか上着だけ置いておいたところから少しずれたところにありました。でも、お風呂に入る前には自分のクッションで寝てたソラちんが、またちゃっかり枕を占領していたので、ベッドに乗ったときにずれたんだろうと思いながらパジャマを着てみると、なんとなく冷たい感触。よく見てみるとボタンが3つありません。

これにはソラちんがガタガタ震えちゃううぐらい思いっきり怒ったマミ。ベッドから下ろされたソラちんはさすがにわかったみたいで、その日からベッドには上らなくなりました。

ところが、3日も過ぎると、日中でも夜でも、マミが目を離してる隙を狙ってベッドで寝るようになったソラちん。マミは気がつくたびに引きずり下ろしてるんだけど、毎日2回は上ってます。パピがいるときは、パピにも一緒に怒ってもらうんだけど、それでも性懲りもなくまたベッドに上がるんです。

夜マミが寝てるときは、あきらめて朝までクッションで寝るようになったから、マミがいないときは上がってもいいって思ってるのかなぁ…? そう言えば、大ちゃんもパピたちが留守のとき、ワタシたち用のソファーじゃなくて、いつもパピが座ってるところに上ってたっけ…。

2才半になって、すっかり悪いことはしなくなったとマミはとっても喜んでいたのに、そのマミの信用を裏切っちゃったソラちん。ベッドに上らなくなる日は果たして来るのかしら?

IMG_0880.JPG


☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加中です。良かったら、下のバナーをクリックしてね。

banner.blog.with2.jpg

posted by スミ at 17:00| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。