2016年06月23日

擦り傷とおでき x 2

2016年6月@マドリッド-スペイン by ダイチ

スミちゃんの前回の日記の次の日、12日の日曜日も暑かったボアディージャ。マミとパピはスミちゃんの負担にならないようにできるだけ日陰の多い散歩コースを選んだのですが、折り返し地点の公園の木陰で休憩していると、いきなりクルパースイッチが入ったらしく、ソラが闇雲に辺りを駆け回り始めました。

パピもマミも止めようとしたんだけど、それは聞かなかったのに、急にキャンと鳴いて左の前足を中に浮かせたソラ。捻ったのかなと思ったパピがその足を動かして調べてみたんだけど、普通に動くし、別に痛がりもしません。

結局そのまま家に帰って、パピたちもしばらくそのことは忘れてたんだけど、夜になってソラが左足を舐めていたので見てみると、こんなことになってました。

IMG_9155.JPG


伸び縮みするリードflexiで繋がってるまま急な動きを繰り返したので、コードで擦っちゃったようです。そう言えば、ザッて音が聞こえたような気がするって後になってマミは思い出したそうです。

まぁ、浅い擦り傷だからそのうち治るだろうけど、確かにこれは痛そう。でも、ノーリードじゃないときは、急な動きはしちゃいけないってソラは学習しなくちゃね。

その夜のこと、スミちゃんは3時すぎにハァハァしだしてマミを起こしちゃいます。その夜はかなり暑かったこともあって、マミが冷たいタオルをかけてあげても、撫でてあげてもなかなか寝付けなかったスミちゃん。結局マミは5時までスミちゃんに付き合ったんだけど、撫でてたら黒いカサブタみたいなものがポロっと取れて、その下には表面がデコボコしたおできがあるのを発見しました。

IMG_9165.JPG


なんか結構大きかったし、今度はマミが気になってなかなか寝付けなくなっちゃいます。朝になってパピに話したら、「そんなの前からあるし、獣医さんに相談したこともあるよ。」と言われてしまいます。イマイチ納得できなかったマミだけど、そう言われてみればそうかもしれないし、第一、もう15才のスミちゃんには麻酔をしての手術はできないから、放置しかないのかもしれません。特にスミちゃんが痛がってる様子もないしね。

その次の日の火曜日からまた涼しくなり始めたボアディージャですが、水曜、木曜は、もう洗ってしまってあった毛布を出さなきゃならないほど気温が下がりました。おかげでスミちゃんはゆっくり眠れたみたいで良かったんだけど。

でも、そんな風に急に気温が下がったせいか、まずマミがお腹を壊して、その後パピが風邪を引いてしまいます。マミはすぐに治ったんだけど、パピは金曜日の午後から具合が悪くて、そのまま月曜日も会社をお休みしなければなりませんでした。

その月曜日からまた暑さが戻ってきたんですが、今度はそのせいかスミちゃんもソラもお腹が緩くなっちゃいます。そんなスミちゃんのお尻を洗ってあげてるときに、マミはスミちゃんのお尻におできを見つけました。2013年に取ったおできがまたできちゃったみたいです。

IMG_9176.jpg


それにしてもこのおでき、しっかり毛が生えてて、なんだかオヤジっぽい感じ…。3年前の検査では良性だったので、これも放置することにしたパピたちでした。

こんな写真ばっかりでおしまいにするのもなんなので、最後はソラのシエスタとスミちゃんの笑顔で終わりにしたいと思います。

IMG_9166.jpg


IMG_9092.JPG


このスミちゃんのバックに写ってる花はものすごくかわってるんだけど、トケイソウっていうんだそうです。そう言えば、ちょっと時計みたいだけど、英語だとPassion Flowerです。でも、情熱の花じゃなくて受難の花っていう意味だそうです。

さて、夏至も過ぎたし、梅雨のないスペインではいよいよ本格的な夏が始まります。学校も今日から夏休みのところが多いようです。スミちゃんにはツラい季節だけど、なんとか元気に乗り切れるといいね。

☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加しています。もし良かったら、下のバナーのクリックをお願いします。

banner.blog.with2.jpg

posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック