2015年10月13日

ドッグランの人間模様

2015年10月@マドリッド-スペイン by スミ

ここ最近、ソラちんのために毎週末ドッグランに出かけてるワタシたちですが、もう走り回ってよその子とあそんだりしないワタシはもっぱらニオイを嗅いで情報収集したり、マミのそばにいてみんなのことを観察したりしてます。

それで、気がついたことがあるんだけど、ワンコの場合は、だいたい同じぐらいの年の子と遊ぶことが多いから、それでなんとなくグループができるんだけど、飼い主さんたちにもグループがあります。そして、それはワンコ同士が仲良しかどうかは、そんなに関係ありません。

IMG_6016.jpg


どんな風にグループができるかというと、大抵、似たような種類のワンコを飼ってる人たち同士でくっつくんです。それは、たとえば、ラブラドールやゴールデンの飼い主さんが集まったり、シェパードの飼い主さんが集まったりっていうのももちろんあるんだけど、性格の強いワンコを飼ってる人同士で集まったり、大人しい子を飼ってる人が集まったりなんていうのもあります。

IMG_6344.jpg


ほかには、ソラちんみたいな保護犬を飼ってる人同士も、仲良くなりやすいようです。保護犬はミックスなことが多くてサイズもバラバラだけど、保護犬の飼い主さんたちは、ワンコの種類にこだわる人たちよりも、もっと純粋にワンコが好きな人が多いようです。

パピはいつもロッキー君の飼い主さんとおしゃべりしています。なんだかとっても気が合うみたいです。ちなみに、ロッキー君も保護犬です。

マミはあんまり人見知りしないので、誰とでもおしゃべりするけれど、逆に誰かと特に仲良くなることもないみたいです。

それに、マミは人とおしゃべりするより、ワンコにボールを投げて遊んであげたり、マッサージしてあげたりしてることの方が多いみたい。

それは、もしかしたら、マミがスペイン人じゃないことにもちょっぴり関係してるのかもしれません。ワンコはマミが何人かなんてことは全然気にしないけど、人は気にするからね。

ドッグラン以外で知りあったワンコの飼い主さんもだけど、みんなワンコの名前は知ってても、飼い主さんの名前を知らないのは面白いです。

マミたちが知ってるのは、ウェスティーのペポとキージョの飼い主さん夫婦の名前と、ロッキー君の飼い主さんの名前だけ。なんだかんだ言っても、その場限りのつきあいだからなのかな…。そういえば、お散歩の途中やドッグランで会うだけで、一緒にお茶したりすることはないみたいだしね。

☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加中です。もし良かったら、下のバナーをクリックしてね!

banner.blog.with2-3.jpg

posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック