2015年08月20日

男の子女の子

2015年8月@マドリッド-スペイン by スミ

まだワタシがパピたちの子になる前のこと、ワンコを飼ったことがなかったパピとマミは、初めて迎える子は男の子と女の子ではどっちがいいのか、まるで見当がつきませんでした。

それで、マミはワンコを飼ってるお友だちに聞いたり、インターネットで調べたりしてみたのですが、たいてい男の子を飼ってる人は男の子を勧めるし、女の子を飼ってる人は女の子を薦めるしで、まるでさんこう参考になりません。

結局どっちにするのか決まらないままビルジットさんのお宅に行ったパピたちですが、黒い子だったらなんとなく男の子の方がいいかな…なんて思ってたのに、結局ワタシが選ばれた経緯はブログの一番はじめの方でお話しした通りです。

その後、ワタシの遊び相手にもう1匹って考えてたときには、もうマミは次は男の子って決めてました。その方がうまくいくってマミは思ってたんです。

結果からいうと、うちはワタシの方が気が強くて、ダイちゃんは大人しい子だったから、ワタシたちは本当にうまくいったんだけど、これでダイちゃんが気が強い子だったら、どうなってたんだろう?

結局、男の子か女の子かっていうことも大事だとはおもうけど、一番大事なのは、それぞれの性格みたいです。

でも、もし1匹しか飼わないと決まっていたら、マミは女の子を選ぶそうです。ダイちゃんは無条件にマミのことが大好きで、そのことでマミはたくさんの幸せをもらってたけれど、いろんなことをわかりあえるのはワタシだとマミは感じてるみたいです。

そういうところは、人間の子どもと似てるってマミは思ってます。お母さんにとって、男の子はメチャクチャかわいいみたいだけど、大きくなったときに、いろんなことを分かち合えるのは女の子だからね。

とは言いながら、ダイちゃんがいなくなって、男の子の無条件の愛情に飢えていたマミ。お散歩の途中で会うよその子たちも、マミに懐くのはいつも男の子でした。

ソラも初めて会ったときは、もうマミにべったりだったんだけど、ダイちゃんと違って、パピのこともマミがやきもちを焼いちゃうぐらい大好きです。

パピに言わせると、マミはいつも一緒にいる安心を与えてくれる存在で、パピにはお家にいるときに精一杯甘えようと思ってるんだってことみたいだけど、ほんとに、ひとりひとりみんな違って面白いね。

さて、最後に昨日のお散歩のときにマミが撮ったしゃしんを2枚アップします。ソラは見事にカメラを無視。そういうところは、ダイちゃんに似なくていいんだけど…。

IMG_5557.jpg


IMG_5572.jpg


☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加中です。良かったら、バナーをクリックしてね!

banner.blog.with2-4.jpg

ラベル:犬との生活
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬との暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック