2015年08月03日

スルーできない出会い

2015年8月@マドリッド-スペイン by ダイチ

スミちゃんが一生を終えるまで新しい子を迎えるのはやめておこうと思っていたマミでしたが、どうしてもスルーできない出会いがありました。

その子はこんな風に兄弟9匹一緒に捨てられていたのですが、運良くマミがいつもフォローしてるワンコを保護している家族の元にたどり着くことができます。

6_24.jpg


この写真がfacebookにアップされたのは6月24日だったのですが、この時点ではマミはそれほど気にしていませんでした。パピーは比較的簡単に引き取り手が見つかるからです。

マミが目をとめたのは、7月18日にアップされたこの写真です。マミは一目見て、ボクとよく似てると思ったそうです。

7_13_1.jpg


IMG_1361.jpg


それでも、この子に興味がありそうな人が他にもいたので、だったら、それでいいと思っていたマミでした。

ところが先週の月曜日7月27日にまたこの子の別の写真がアップされます。

7_27.jpg


そして、金曜日にマミは、インドのAnimal Aidという保護団体のこのビデオを見ます。



インドの子とは全然状況は違うけれど、いつまでも引き取り手がないまま大きくなっていくのを不憫に思ったマミは、土曜日にブラジルから戻ってきたパピに、保護している家族にこの子について電話でいくつかの質問をするように頼みます。

まず、一番大事なのは、この子の性格のこと。あんまり活発な子だと、スミちゃんにストレスを与えてしまいそうだからです。

その家族によると、この子はパピーにしてはものすごく大人しくて、ほかの犬とも全く問題ないということだったので、早速昨日の日曜日、パピたちはスミちゃんを連れてこの子に会いに行ってみることにしたのでした。

実際に会ってみると、この子はパピたちが想像していた以上に大人しかったし、マミにもすぐ懐いてマミのそばで寝てしまいます。

IMG_5047.jpg


目つきもそっくり、やせっぽちなのもボクの小さかった頃にそっくり、尻尾もそっくり、おまけにちょっと前までジアルディアという寄生虫にやられていたことまでボクと同じで、マミはだんだん感極まってきて、泣いてしまいました。

ということで、すっかりこの子に運命を感じてしまったマミ。明後日の火曜日まではお試し期間ということで、家に連れて帰ることになりました。

家の玄関を入るとすぐに、マミはこの子の尻尾の先が濡れてることに気がつきます。あれって思ったら、マミのショートパンツがオシッコで濡れてました。その後、リビングでちょっとポタポタ垂らしたと思ったら、テラスまであと1メートルぐらいのところでジャー。よっぽどガマンしてたんだね。

今のところスミちゃんとはつ付かず離れずといった感じなんですが、よっぽどのことがなければ、うちの子になることで決まりかな。

IMG_5065.jpg


マミは本当は次に迎える子については、ボクたちと同じぐらいの大きさだったら女の子1匹だけ、小さめの子だったら男の子と女の子のペアなんて考えていたのですが、人生わからないものです。

ちなみにこの子はラブラドールとジャーマン・ショートヘアード・ポインターのミックスと言われたのですが、兄弟にいろんな色の子がいることや頭の形から考えて、マミはラブラドールとつい最近このブログにも出てきたガルゴ(スパニッシュ・グレイハウンド)のミックスじゃないかと思っています。だとしたら、すごく背が高くなるかも!

さっそくマミのストーカーをしてるこの子、早く名前を決めてあげないとならないんだけど、すでにパピと意見が合わなくて困ってるマミでした。

☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加しています。もし良かったら、下のバナーのクリックをお願いします。

banner.blog.with2.jpg

posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生い立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック