2015年07月27日

ビエルネス君

2015年7月@マドリッド-スペイン by スミ

一昨日の土曜日、パピとマミと3人でお散歩をしていたら、公園で茶色のラブが男の人とボールで遊んでいました。すぐそばにはワイヤーヘアーのダックスフンドもいます。

そのラブはワタシよりちょっと小さめで、いかにもまだ若そうです。最初はワタシの姿を認めてもこっちには来なかったんだけど、とうとうガマンしきれなくなったみたいで、花壇を横切ってこっちに来ちゃいました。

一通りクンクン挨拶をしてるところに、その子の飼い主さんがやって来て、パピたちとおしゃべりが始まります。その子がワタシを遊びに誘うポーズと取ったのに対して、ワタシが一緒に遊ぼうとしたもんだから、みんなビックリでした。すぐに止められちゃったんだけど…。

IMG_4837.JPG


その子は3才の男の子で名前はビエルネス君。飼い主さんのところの女の子の介助犬だそうです。さすがにパピたちは女の子がどうしてビエルネス君の助けが必要なのかは聞けなかったから、ビエルネス君がどういう種類の介助犬かはわからないんだけど、まだまだ遊びたい盛りなのに、普段はお仕事してるなんてスゴイね。

ビエルネス君はさんざん遊んだ後だったみたいで、ちょっとお疲れ気味。それにしても、オフの時間にはこうしてボール遊びをしてくれる飼い主さんで良かったね。

IMG_4838.jpg


ワタシたちが住んでるボアディージャには介助犬の候補生がたくさん暮らしています。というのも、町外れにオンセ(ONCE=スペイン盲人協会)の訓練センターがあるからです。

でも、現役の介助犬に会うことは滅多にないし、ましてやオフで遊んでるところに出くわすことなんてとっても珍しいんです。

「金曜日」なんてちょっと面白い名前のビエルネス君。マミが日本語では「金曜日」って言うんだって教えたら、飼い主さんは気に入ったみたいで何回も繰り返してました。

そういえば、ダックスの方の名前は聞き忘れちゃった。8才の女の子だったんだけど、すごく警戒心がつよくて、寄ってこなかったからね。

実は、ボアディージャの公園のほとんどで、ワンコのオフリードは禁止されています。金ちゃんがトラブルに巻きこまれませんように。そして、また会えるといいな。

☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングに参加してます。良かったら、バナーをクリックしてね!

banner.blog.with2-5.jpg

posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お友だち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック