2015年07月03日

カンタヨップス

2015年4月@カンタヨップス-スペイン by スミ

4月22日水曜日、ワタシたちはパピのおじいちゃん(お父さんのことじゃなくて、おじいちゃんです)の故郷のカンタヨップス(Cantallops)に行ってみることになりました。

カンタヨップスは小さい村なんだけど、ここから山道を車でどんどん進んでいくとラカセンスのお城(Castell de Requesens)があります。おじいちゃんはパピが小さかった頃、このお城のことをよく話してくれたそうです。

R8249684.JPG


途中に看板が出ていて、開いてるのは土、日だけって書いてあったんだけど、せっかくかなり登ってきたので、お城の近くまで行ってみることにしました。

パピが車を駐めてみんなで外からお城を眺めていたら、門が開いて女の人が出てきました。パピがおじいちゃんのことを話ししたら、その人は修復作業の邪魔をしないことと、危なそうなところには行かないことを約束するのなら入ってもいいと言ってくれます。

中に入るとすぐに入場料は2ユーロと書いてあったんだけど、それも払わなくていいって言われたパピ。ラッキー!

ワタシたちは自由にお城の中を探検したんだけど、確かに危なそうなところがいっぱいありました。たとえば、通路を進んでいったらここに出たんです。屋根の上です。

R8249645.JPG


R8249650.JPG


R8249664.jpg


R8249661.JPG


R8249669.JPG


修復作業をしてた人たちは全部で4人だったんだけど、お昼ごはんを食べに行くというので、パピたちもその人たちが行くというラカセンス村の小さい食堂でランチをすることにしました。

IMG_4503.JPG


修復の人たちにお礼を言って食堂を後にしたワタシたちはジャンサに帰る途中でサン・キルザ・ダ・クレラ(Sant Quirze de Colera)に寄り道をします。ここは、元は修道院で、9世紀の建物だそうです。

R8249688.JPG


R8249686.JPG


辺りにはたくさんのバカちゃん(スペイン語で牛さんのことをVacaといいます。)が放牧されてたんだけど、大きかったからちょっぴり怖かったです。

R8249696.JPG
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック