2015年06月29日

チンチョン

2015年4月@チンチョン-スペイン by スミ

今のお家の前の道を左に進むとすぐにロータリーがあって、そこから南に伸びている道は「コンデッサ・デ・チンチョン(Condesa de Chinchón)」というなまえです。「チンチョン伯爵夫人」っていう意味なんだけど、プラド美術館にはゴヤが1800年頃に描いた第15代チンチョン伯爵夫人の肖像がが飾られています。

1800_Goya_Condesa_de_Chinchon.jpg


ちなみに、マミが知ってる限りでは、ほとんどの外国ではすべての道に名前がついています。だから、外国人が日本に行くと、住所がわかりにくくってとっても困るんだって。

さて、前置きが長くなりましたが、セマナサンタでお休みだった4月3日、ワタシは久しぶりにドライブに連れて行ってもらいます。このときに行ったのがチンチョンでした。チンチョンはマドリッドの中心から見ると南東50キロぐらいのところにあって、お家からだと車で1時間足らずの距離です。

パピたちは何も調べないで行ったんだけど、その日はたまたまプロセッション(パレード)が予定されていたので、人がたくさん来てました。

まず、最初に見にいったのは、伯爵のお城でした。門のそばでパチリ。

R8249485.JPG


その後、お城の周りを一回りしました。

R8249491.JPG


次に目指したのはマヨール広場です。ここはマドリッド自治州の7つのステキなところ(Siete Maravillas de la Communidad de Madrid)に選ばれています。マミは世界遺産になってるシエナのカンポ広場にほんのちょっとだけ似てると思ったそうです。

R8249499.JPG


IMG_4417 - Version 2.jpg


前の写真の上の方に写ってる教会のところにも行きました。広場の右の方からグルッと回って行ったんだけど、実は広場の奥からすぐに上っていけたことがわかってガックリ。もちろん下りるときは、そこから下りました。これは、教会の前で休んでるときの写真です。

R8249522 - Version 2.JPG


プロセッションの始まる前にチンチョンを出たワタシたち。ティトゥルシア(Titulcia)という小さな町のバルで簡単なランチをすませた後、サン・ファンのラグーン(Laguna de San Juan)というところに寄ってから帰ることにしました。

R8249524.JPG


このドライブ、マミはちゃんとダイちゃんも連れて行きました。マミの胸元に光ってるのがわかりますか?

R8249490.JPG
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック