2015年06月27日

インフィニティ・リーフ

2015年2月@マドリッド-スペイン by スミ

マミはハートのオブジェをダイちゃんの分身みたいに思っているようで、できるだけ自分のそばに置くようにしています。そのために、赤いクッションはマミの寝る部屋、黄色のクッションはリビングルーム、青いクッションはコンピューター部屋にあります。

でも、あのオブジェは結構重いので、旅行なんかに行くときに持っていくにはちょっと不便ということで、マミはもっと手軽にダイちゃんの分身を連れて行けるように、ダイちゃんの遺灰を入れることができるペンダントを買うことにしました。

なかなかマミの思い描くようなペンダントが見つからなかったんだけど、やっと見つけたのはアメリカのお店で、パピの仕事仲間の人にお願いして手に入れたのがこれです。アクセサリーとして普通につけられるデザインと「Infinity Leaf」という名前が気に入ったそうです。

Screen Shot 2015-02-28 at 20.16.38.jpg


Screen Shot 2015-06-14 at 00.10.55.png


このハートみたいなところにほんのちょっぴりだけど遺灰を入れることができます。そのためにマミははじめてダイちゃんの遺灰が入った木の箱を開けたんだけど、遺灰がマミが想像していたのとは違って、ただの細かい砂礫みたいだったので、ちょっと悲しかったそうです。

1月16日の初七日から七日ごとにダイちゃんが好きだったお料理を食べながらダイちゃんの思い出話をしていたのも、2月27日の四十九日で一区切りです。ペンダントもちょうど間に合って届いて良かったね。

仏教によると、虹の橋を渡った日から四十九日までの間に次は何になって生まれてくるのか決まるらしいんだけど、ダイちゃんはまたワンコになるのかしら…?
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック