2015年05月30日

オットセイなスミちゃんと人騒がせなマミ

2013年7月@トレド-スペイン by スミ

2013年7月7日、日曜日、ワタシたちはトレドの郊外に住んでいるパピのお友だちのお家に遊びにいきました。パピとマミは1年前にも遊びにいったんだけど、そのときは小さい子がいるからということで、ワタシたちは連れて行ってもらえませんでした。そしたら、パピのお友だちに「連れてくれば良かったのに…」って言われたので、今回は遠慮なくみんなで押しかけることになりました。

そのお家のお庭にはプールがありました。うちの使えないボロプールとは違って、ちゃんとしたプールです。そして、パピのお友だちはワタシやダイちゃんも一緒に泳いでいいって言ってくれました。

泳いだのはまだ子犬だった頃だから、なんと12年ぶりです。最初はちょっと怖かったけど、すぐに思い出して、スイス〜〜〜イ。とっても気持ち良かったです!

P1030556.JPG


P1030560.JPG


P1030569.JPG


問題はダイちゃんです。ダイちゃんは泳いだことがなかったんです。マミはあの手この手でダイちゃんをプールの中に入れようとするんだけど、やっぱり怖いみたいで、なかなか入れません。

P1030561.JPG


P1030564.JPG


それでも、ちょっとずつダイちゃんがお水に慣れるようにマミが根気強く頑張ったかいがあって、最後の方にはダイちゃんもなんとか大丈夫になってきて、少しだけマミに支えられて泳ぐことができました。

ワタシたちもちょっとだけランチのパエリヤももらえたし、パピたちはお酒を飲みながらおしゃべりしてるうちに、いつの間にか8時近くになったので、そろそろお家に帰ろうということになりました。

荷物を車に積んで、お友だちの家族にさよならを言って、さあ車に乗ろうとしたときに、マミはワタシのウ◯チを拾って入れた袋をテラスの脇の階段のところに置いてきちゃったことを思い出します。

慌てて取りにいったマミですが、ウ◯チ袋を拾って立ち上がったところのちょうど真上にエアコンの室外機があって、おデコの端っこをぶつけてしまいました。

マミはありゃー、タンコブできそう…って思ったぐらいの感じだったんだけど、当たったところが悪くてものすごくたくさんの血が出ちゃったので、マミよりお友だちやパピがビックリしちゃって、ワタシたちをお友だちの家に残して、マミを病院に連れて行くことになりました。

最初に行った病院がすごく混んでていつまで経っても順番が来そうになかったので、別の病院に行ったりしたし、帰り道は事故で渋滞してたこともあって、お家に着いたのはなんと11時半を過ぎちゃいました。ほんとにダメダメなマミです。
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック