2015年04月19日

お迎えが来てない!

2008年4月@メキシコシティー-メキシコ by ダイチ

バルセロナから乗った飛行機は、風向きが悪かったのか、予定より1時間半も長くかかってメキシコシティーに到着しました。お水も飲めない14時間、よく耐えられたものです。マミは行きと同じで、ボクたちが今ごろグッタリしてるんじゃないかと心配で心配でちっとも眠れなかったそうです。

メキシコシティーの空港ではしっかりボクたちのチェックがありました。でも、ちゃんと全部揃っていたのでそんなに時間もかからずに完了。シティーの空港には荷物を運ぶのを手伝ってくれる係の人たちがいっぱいいるのですんなり外に出られたのですが、ケレタロから車で迎えに来てくれることになっていたパピの仕事仲間のジルさんとエドゥさんがいません。

このときは、4か月前にオープンしたばかりの第2ターミナルに着いたのですが、二人はちゃんとチェックせずに前からある第1ターミナルで待っていたのでした。おまけにパピがいくらジルさんの携帯に電話してもつながらなかったので、ケレタロにいるほかの仕事仲間の人のところに電話して、その人からジルさんに連絡してもらったりして、本人とやっと連絡がつくまでに30分以上かかったのでした。

それからしばらくして二人は第2ターミナルにやって来たのですが、なぜか車で来てません。パピがよくよく話を聞いてみると、1か月前から大学の車を予約していたのに、渡された車がその日にはシティーを走れない車だったんです。

ちょっと説明すると、メキシコシティーでは大気汚染を少しでも抑えるために、車のナンバーの最後の数字によって決められている曜日はその車を使えないという制度があります。でも、シティーのナンバープレートだと、新し目の車なら、検査を通ればその対象から外れるし、その制度にひっかからないように何台も車を持ってる人が多いので、止められるのはほとんどがシティーの外から来た車なんです。

二人もそのことにまったく気づかずにメキシコ州からシティーに入ったところで警察の人に止められて、罰金を払わされた上に、そのままシティーを走ることもできなかったので、近くのスーパーの駐車場に車はおいて、タクシーで来たのでした。

幸いメキシコにはものすごく大きいタクシーもあるので、4つの大きなスーツケースとボクたちの大きなバリケン2つと人間4人にスミちゃんもボクも無事に1台に乗れて、なんとかスーパーまでたどり着いたんだけど、そうじゃなくても飛行機で疲れてたのにさらにドッと疲れてしまいました。

でも、1年前にバルセロナに向けて旅立つときも、このジルさんとエドゥさんにはたくさんお世話になったので、いくら感謝してもしきれないぐらいで、文句なんて言えるわけがありません。

そんなこんなでシティーの空港に着いてから4時間ぐらい過ぎた頃、ボクたちは、やっぱりパピの仕事仲間のロドルフォさんが持っている家にたどり着きます。ロドルフォさんはメキシコシティーに住んでいて、そのケレタロの家はロドルフォさんの息子さんが住んでたんだけど、そのときは1年のオーストラリア留学中で誰もいなかったので、ボクたちは家族だけでゆっくり過ごすことができました。

今日も関係する写真はないので、セマナサンタのころによく売り出される飾り物(?)を売ってる屋台とその屋台が出ていたサンタクルス教会の前の広場の写真をアップします。写真を撮ったのは2002年でちょっと古いんだけど。

DSCN0408.JPG


DSCN0414.JPG
posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お引越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック