2015年04月02日

ベルン最後の日

2007年7月@ベルン-スイス by スミ

ベルン最後の日となった金曜日、パピは午前中、学会に行ったので、ワタシたちはマミと一緒にホテルのそばの緑地に遊びに行きました。

ワタシたちと一緒に歩いていると、マミはワンコが好きな人たちからよく話しかけられました。やっぱりラブを飼ってる路面電車の運転手さんとか、ラブミックスを飼ってる体育会系のスイスとイギリスのハーフの男の人とか、ベージュラブのチビすけをつれてたパキスタン人の兄弟とか、黒ラブの女の子を散歩させてたちょっとインテリっぽくてステキな男の人とか…。あれ、みんな男の人です!

実はマミは、ベルンにきて2日目にお昼ごはんを食べに行った帰りに、ワタシたちのために遊び道具を買ってきてくれました。ヒモがついたボールなんだけど、ものすごくよく飛ぶんです。緑地の広いところでそれで遊んでたら、男の子が二人近づいてきて、一緒に遊ばせてくれないかと言いました。男の子の一人は身体はマミより大きかったけど、まだ小学生だったみたい。もう一人の子はその子の弟でした。

もちろんマミはオッケーして大きい方の子にボールを渡したんです。そして、その子がボールを投げたんだけど、その子の投げ方がものすごくヘタクソで、なんと前じゃなくて真上にボールが飛んじゃって、木の枝にヒモがからまちゃったんです。まだ買ったばっかりのボールです。でも、木は高くてひっかかってる枝は地面から5メートルぐらいのところにあります。

マミは当然その子が木に登って取ってきてくれるだろうと思ったんだけど、身体が大きいその子、ボールを上に投げちゃうぐらいだから、運動神経が悪いらしくて木に登れません。もう一人の子は小さいからやっぱりダメだし…。ってことで、結局木に登ったのはマミでした。

マミは木の幹を登っていったんだけど、ボールがひっかかっているところは幹からちょっと離れています。そこでマミはその子たちに長い棒か枝を探してきてほしいと木の上から英語で叫んだんだけど、その子たちには通じません。しかたないからマミはジェスチャーまじりで一生懸命伝えたらなんとかわかってもらえたんだけど、なかなかちょうどいいのが見つかりません。それでも、やっと見つけてきたやたらと大きい棒を使ってマミはボールを落とすことに成功しました!

そのあとは木からちょっと離れたところにいって、みんなで遊びました。ボールを投げるのに失敗しちゃった男の子も何回かやってるうちにコツがわかったみたいで、楽しく遊べて良かったです。

しばらく遊んでからホテルに戻って、マミは帰り支度を始めます。チェックアウト時間の12時ちょっと前にパピも戻ってきて、ナンシーのお家に向けて出発しました。夕方にはお家に着いてワタシたちの初めての旅行も無事終わったんだけど、こんな風にちょっとドライブすると違う国に行けちゃうなんていいですよね。

これがマミが買ってくれたヒモつきボールです。マミは買うときにものすごく迷って2つ買ったんだけど、右の青い方のボールは重すぎてあんまり出番がありませんでした。男の子が木にひっかけちゃったのも左の白とピンクのボールです。

IMG_4379.JPG
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック