2015年03月21日

デメナージュ

2007年4月@ナンシー-フランス by スミ

エヘヘ、今日の日記のタイトルはフランス語にしてみました。なんたってワタシたちはたくさんの言葉がわかるんです。まずスペイン語でしょ。それから日本語でしょ。そしてカタルーニャ語でしょ。そして英語とフランス語はちょっぴりね。あ、ワタシは小さい頃、ドイツ語もビルジットさんから習ったけど、全部忘れちゃいました。

フランス語はこの前サロンに行ったときにサロンのおばさんが話してて、最初は全然何を言ってるのかわからなかったんだけど、パピやマミがスペイン語や日本語に言い換えて教えてくれました。「動いちゃダメ!」とか「大人しくして!」ばっかりだったけどね。

さて、肝心のデメナージュ。これはお引っ越しという意味です。

パピとマミはナンシーに着くとお家探しを始めました。最初は家具付きのところと考えていたんだけど、フランスには家具付きだとワンルーム以外はほとんどありません。だったら、1年だけのことだから、もうメゾンで過ごしちゃおうかとも思ったみたいですが、メゾンは日本式に言うと1LDKで二人と2匹にはやっぱりあんまり狭すぎるので、最低いる家具だけを揃えてでもできれば引っ越そうということになったんです。

でも、なかなかパピたちの思うようなお家はありませんでした。ちょっといいかと思うと、5階なのにエレベーターがなかったり、1階で外からまる見えだったり…。

その日見せられたお部屋はおトイレの便座がなくて、どうしたのか聞いたら、持っていっちゃう人がいるからわざと外したんだって言われたそうです。あまりのレベルの低さにウンザリしたパピたちでしたが、その建物を出るときに玄関に積み重ねてあったフリーペーパーをマミが手に取ります。

普通の不動産広告とは別のところにわりと大きなスペースを割いて1軒のアパートの広告が載っていました。広告主は不動産屋さんではなくてなぜか公証人事務所です。

借りる期間が11か月と短いのが問題になるかもしれないと思ったのですが、なんと偶然、そのアパートの持ち主がジャックさんの姪だったこともあり、ジャックさんに保証人になってもらってなんとか契約までこぎつけたのでした。

公証人事務所では、ものすごく厚い契約書を公証人さんが早口で読みます。途中で「わかりますか?」と聞かれたパピは「全然わかりません。」と答えたんだって。でも、ジャックさんが一緒だったから大丈夫だって思ってたそうです。

そうしてワタシたちはいよいよメゾンからアパルトモンにお引っ越しすることになりました。2LDKっていうとメゾンよりお部屋が1つ増えただけみたいですが、キッチンもバスルームもメゾンよりずっと大きかったし、全体の広さはメゾンの2倍ぐらいでした。

窓からはお向かいのお家のお庭が見えて緑にあふれてたし、近くには大きなサン・マリー公園もあったし、町の中心にも結構近かったし、全部で8軒しかない建物だったので、マミもパピも大満足だったみたいです。

実は、パピは、メゾンの予約をするときに、ワタシたちも一緒なのでできるだけ大きいお部屋をお願いしたのに、なんとケンのお部屋の方がずっと広かったんです。もしケンのお部屋に最初から入ってたらワタシたちはずっとメゾンにいたのかなぁ…。

さて、今日の写真はアパルトモンのリビングのソファベッドを占領するワタシたちです。マミたちはじゅうたんに直に座ってね。

P1000663.JPG
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お引越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック