2015年03月15日

メゾン・デ・シェルシェール

2007年4月@ナンシー-フランス by スミ

リヨンを出たワタシたちの最終目的地はナンシーのヴァンドゥーヴル・レ・ナンシー(Vandoeuvre-les-Nancy)にあるアパートホテル「メゾン・デ・シェルシェール(Maison des Chercheurs)」です。ズバリ「研究者たちの家」という名前のこのアパートホテルはパピが1年間お世話になるナンシー大学のすぐそばにありました。

このメゾン・デ・シェルシェールは、パピたちが思い描いていたアパートホテルとはちょっと違いました。まず、ワタシたちが着いた日曜日にはフロントが開いてなくて、鍵はホテルに滞在してるほかのお客さんから受け取らなければなりませんでした。そして、お部屋のお掃除は特別にお願いしないとしてくれない上に有料だし、シーツの交換は2週間に1回だけだし、何よりパピたちがびっくりしたのはタオルがないことでした。

その日のパピたちの晩ごはんは、パピのお仕事関係のお友だちで、今回のナンシー滞在のお世話をしてくれるジャックさんのお家でご馳走になることになっていました。ワタシたちもジャックさんのお家に一緒にいったのですが、ワタシたちはお家の中じゃなくて、テラスに繋がれてしまいます。

というのも、ジャックさんのお家の中はとにかくいろんな装飾品がところ狭しと置かれていたので、ワタシたちがお家の中をウロウロすると何か壊してしまいそうだったんです。テラスにいる間、ワタシたちはとってもいい子にして、一度も吠えたりしなかったので、ジャックさんと奥さんはとってもビックリしたんだって。

ジャックさんのお家から帰るときにパピたちはバスタオルを貸してくださいとお願いしました。日曜日はお店が開いてなくて、買えなかったからです。でも、貸してくれたタオルはスポーツタオルでした。もちろん無いよりもマシだったけど…。

それとは別に、ジャックさんの奥さんから大きな荷物を渡されます。とりあえずいりそうなものを入れておいたというその荷物、ありがたく受け取ってアパートホテルに帰ってから開けてみたら、中身は全部食器でした。最低限の食器はメゾンにあるから、別にいらなかったんだけど、バスタオルより食器の方が大事なんてさすがグルメの国だと感心するやら呆れるやら…。結局、その食器は一度も使うことのないままお返ししたそうです。

今日の写真はナンシーのシンボル、スタニスラス広場にある豪華な噴水です。大学都市のナンシーはアール・ヌーボーの発祥の地としても有名なんですよ。

P1030514.JPG
posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お引越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック