2015年03月13日

いざヨーロッパへ!

2007年3月@バルセロナ-スペイン by スミ

2007年3月21日、いよいよワタシたちはヨーロッパに向けて出発しました。といっても、ワタシたちはどこにいくのかも、ヨーロッパがどこなのかも全然わかってなかったんだけどね。

大事なのはパピやマミと一緒に行けるということだったので、飛行場でパピやマミと別々にされたときにはとってもショックでした。でも、ダイちゃんが近くにいるのはわかったから、それだけでもずいぶん心強かったです。

ワタシたちはメキシコシティからマドリッド経由でバルセロナまで飛行機に乗りました。飛行機の中ではお水も飲めないし、ごはんもないし、暗くて、うるさいんだけど、狭いバリケンの中で寝てるしかありません。

マミはワタシたちに何かあったらどうしようとか、マドリッドで間違えて降ろされちゃったらどうしようとか、もう気になって気になって、ちっともリラックスできなかったそうです。バルセロナの空港でワタシたちがベルトコンベアーにのって出てきたときには心からホッとしたんだって。

さて、まず最初はワタシたちの検疫です。パピたちは検疫女を捜したのですが、朝早かったので、それらしいところは閉まっていて誰もいません。たまたま近くにいた治安警備隊(警察みたいなもの)の人に聞いてみたんだけど、書類がちゃんと揃ってるんなら、そのまま出ても大丈夫と言われたので、結局フリーパスでワタシたちはヨーロッパ入りを果たしました。メキシコの空港ではあれこれと手続きが面倒だったので、これにはパピもマミもほんとうにビックリでした。

でも、それからがまた大変です。マミたちの大きいスーツケースが4つに小さいキャリーバッグが2つ、大きいバリケンが2つ、そしてダイちゃんとワタシ。パピはポーターさんを捜したのですが、どこにも見あたりません。空港の人に聞いてみたら、その時間に一人だけいたポーターさんはよりによって日本からのツアーグループに取られちゃったんだって。

途方にくれていたパピたちを見かねて、その空港の人は手伝いを申し出てくれます。パピとマミは荷物を半分ずつ載せたカートとワタシたちのどちらかを連れ、運びやすいように分解したバリケンを載せたカートをその人がタクシー乗り場まで押してくれました。その人がいなかったらどうなっていたことやら…。親切なおじさん、本当にありがとう。

次はタクシーです。パピがワンボックスカーのタクシーを捜してお願いしたんだけど、最初の運転手さんにはダメだって言われちゃいました。でも、やっぱりここにもワンコが好きな人がいて、自分から近づいてきて乗せてあげるって言ってくれた運転手さんがいたんです。良かった、良かった!

こうして、ワタシたちはパピのお母さんの住むマンションになんとか到着しました。ダイちゃんもワタシももうノドがカラカラだったので、マミが洗面器に入れてくれた水はあっという間に飲んじゃっておかわりしました。それを見てたおばあちゃんはものすごくビックリしたみたい。

フードをたべて、ちょっとお散歩に出かけて、お家に戻るとダイちゃんもワタシも爆睡でした。だって、やっぱり飛行機の中じゃあんまりよく眠れなかったし、心配だったし、緊張してたから疲れちゃったんです。

残念ながらこの記念すべき日の写真はないので、今日の写真はモンちゃんノンちゃん@グエル公園です。グエル公園というのはおばあちゃんのお家から歩いて20分ぐらいのところにある有名な観光スポットです。モンちゃんとノンちゃんはマミたちがメキシコシティに住んでいたころからお家にいて、ワタシたちが家族になる前は、モンちゃん、ノンちゃんを旅行に連れて行ってたんだって。

MNparqueGuel2.JPG

posted by スミ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お引越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック