2017年07月12日

パニックになったソラ

2017年6月@ジェイダ-スペイン by ダイチ

6月23日、金よう日はいよいよジャンサをあとにする日です。いつもの通り、スミちゃんとソラのさんぽをすませた後、パピたちは家のそうじをして、ひるごはんをたべてから、ジェイダのホテルにむけて出発しました。

行きにとまったのと同じホテルだったのですが、金よう日だった上に、クロアチア人のツアーがきていたので、ホテルは行きよりずっとこんでいました。

これはホテルのろうかです。部屋からエレベーターまでちょっと遠かったので、マミはスミちゃんがオシッコしちゃったらどうしよう…と気が気じゃありませんでした。

IMG_0733.jpg


そして、この日はサン・ファンの火まつりがはじまる日でした。カタルーニャ地方のジェイダでもばくちくや花火がたくさんあがります。

じつは、ソラはばくちくや花火の音が大の苦手なので、だいじょうぶかパピたちはしんぱいしていたのですが、あんのじょうオシッコをさせるために外に出ると、ソラはパニックじょうたいになってしまって、ブルブルふるえはじめました。

オシッコどころじゃなくて、とにかくホテルの中に入りたがるソラ。もう、どうしようもありません。一方スミちゃんはと言うと、耳が遠くなっちゃったせいで、ほとんどきこえないから、ふつうにおさんぽすることができました。

そしてよく朝、前の晩にオシッコをしなかったので、とにかく早くさせてあげようと、7時すぎにはソラをつれておもてに出たマミだったのですが、どうやら火薬のにおいがまだしたのか、ソラはまたパニックじょうたいになってしまいます。それでも、ホテルのあたりを一周したのですが、よりによってよそのワンコに会うこともなく、とうとうオシッコもできずじまいでした。

そのままじゃ、いつがまんできなくなって部屋でしてしまうかもわからないので、スミちゃんがまだねむっているのを幸いに、マミは、パピにたのんで車で少しはなれたところまでソラをつれていくことにしました。

ホテルから5分ぐらい走ったところにあったリンゴ園のところで車をおりると、リンゴのにおいで火薬のにおいがかきけされたようで、ソラはすっかりリラックスモード。ぶじオシッコもできて一安心でした。

ソラはセビリアの近くのウトレラという町で兄弟といっしょにダンボールに入ってすてられていたのですが、ソラが花火の音をこれほどこわがるのはすてられる前にできたトラウマのせいじゃないかとマミは思っています。

スペインのハンターは、子犬が生まれると近くでライフルをうってみて、おじけづかなかった子だけのこして他の子はすててしまうということがよくあります。

また、かりにつかわれた子もシーズンが終わるとすてたり、ころしたりするので、もしかするとソラは目の前でほかの犬がころされるのを見てしまったのかもしれません。

スミちゃんもかみなりがこわくて、前の家にすんでたころは、かみなりがなりはじめると、地下のせんたくきのわきにかくれるなんてことをしてましたが、ソラのふるえ方はスミちゃんとはくらべものにならないレベルなので、とにかくひどい体験をしたにちがいありません。

こういうトラウマをなおすことができるのかわからないけれど、いつかこくふくしてほしいものです。

ということで、さいごはソラのしゃしんでおわかれします。今日もさいごまでよんでくださって、ありがとうございました。

IMG_0684.JPG


☆.。.:*・゚☆.。.:*:.。.☆゚・*:.。.☆

ブログランキングにさんかしています。もしよかったら、下のバナーのクリックをおねがいします。
banner.blog.with2-5.jpg

posted by ダイチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする